儲けの構造|UNLIMITED CLUB【アンリミテッドクラブ】

「UNLIMITED CLUB」メルマガバックナンバーサイト(まぐまぐ!版)

限界突破を胸に再始動

読了までの目安時間:約 9分

 


限界突破を胸に「UNLIMITED CLUB」発足

 歯磨き・洗顔の時以外、滅多に見ることのない鏡。
 久しぶりに鏡に映った自分を凝視してみた。


 自宅の洗面所にあるいつもと変わらぬ鏡。


 しかし、そこにいたのは、
 自分であって自分でない生き物。


 正確には、自分の理想とは、
 あまりにかけ離れてしまった自分。


 どことなく生気を感じられない瞳。
 ブヨブヨとだらしなく弛みきった(たるみきった)腹。


 まるで「醜い豚」のような姿。


 いや、手足だけ細長い分、
 「ヒキガエル」という表現の方が的を射ているように思う。


 少なくともそこには、7年前、
 野心に溢れ、目を輝かせていた男はもういなかった。


醜い「ヒキガエル」


 冒頭の「ヒキガエルのような男」とは、
 もちろん、僕、小林憲史のこと。


 これは、ほんの数ヶ月前にあった本当の出来事。


 僕も今年で三十路を迎えた。


 腹が出てくるのも
 当然と言えば当然かもしれない。
 (※同級生の中には、ハゲ始めているヤツもいる)


 しかし、なぜか自分の醜い体型が、
 ビジネスに対する「甘え」を
 象徴しているかのように思えた。


 欧米では、「タバコを吸う人」、
 「太っている人」は重要な役職に
 就けないと聞いたことがある。


 自己管理能力の低い人に
 重要な仕事は任せられないということらしい。


 なるほど、一理ある。


 もちろん、この欧米の考え方を
 鵜呑みにするつもりはない。
 (※そもそも僕はヘビースモーカー)


 しかし、自分の醜い体型を見ると、
 なんとなく彼らの言いたいこともわかる気がする。


 「どこかでビジネスに
  対する甘えがあったのでは?」

 「無意識のうちに
  妥協するのようになったのでは?」

 「本当に常に全力で
  やってきたと胸を張って言えるか?」


 次第に僕は自問自答するようになる。


 食事の最中も、シャワーを浴びている時も、
 女の子とデートしている時も、
 いつもこの問いが頭の中をグルグルしている。


 もちろん、この数年間、
 仕事に対して手を抜いたことは一切ない。
 いつだって全力で取り組んできた。


 しかし、


 「本当に胸を張って言えるか?」


 と聞かれると、どうしても
 心の底から「YES!」と言える自信がない。


 そして、この「醜い体型」が、
 その質問に、暗に答えているように思えて仕方なかった・・・


「限界突破」を胸に


 「慣れ」とは恐ろしいもので、
 人間は、自然と手の抜き方を覚えてくる。


 例えば、大学生。


 入学したての頃は、
 あんなに真面目に出席していたのに、
 数ヶ月もすれば、


 ●出席しなくても良い授業

 ●代返を頼める授業

 ●期末試験だけ受ければ良い授業


 を完全に把握し、
 「効率的に」手を抜き、
 そして、合コン・サークルに明け暮れる。


 もしかすると、あなたも心当たりがあるかもしれない。


 ナマケているのではなく、
 効率的に動いているだけ。
 自分自身に言って聞かせる。


 僕も見事にこの罠にハマっていたように思う。


 ネットビジネスを開始して7年。
 法人としてもすでに6期目。会社は順調そのもの。


 「効率化」という金看板を盾に、
 この数年間仕事を推し進めて行った。


 それは、企業としては全く間違いではない。


 しかし、僕自身はどうだろう?
 起業家として、大規模メディアの管理人として。
 それ以前に、「男」として・・・


 どこか「効率化」という言葉を
 逃げ道にして、「惰性」で
 メルマガを発行してきたんじゃないだろうか?
 そして、「惰性」を「堕落」に昇華させているのでは?


 この自問自答に対する答えが、今回のメルマガの大幅変更。


 もう一度「初心」に戻り、
 「メディア運営者」として活動しよう。


 そのためには、
 これまでの「インフォ侍」は一度捨て去る必要がある。


 この「決断」と「決別」のためにメルマガを刷新することにした。


 メルマガだけではなく、もちろんブログも新規に作成した。
 (※教材「アンリミテッドアフィリエイト」の特典テンプレート)

 ▼「UNLIMITED CLUB」公式ホームページ
 → http://www.unlimited-media.jp/



 自社教材のタイトルにも
 採用した「UNLIMITED(アンリミテッド)」。


 本来は、「制限のない」とか
 「無制限の」とか訳すらしいが、なんとなくカッコ悪い。


 むしろ「限界突破」の方が力強くて良い感じだ!


 どうせやるなら、手抜きは一切なし。
 WEBデザイナーにあれこれ注文をつけてフラッシュも作成。


 どうだろう?


 「限界という壁をぶち破って、突き抜ける!」


 こういうコンセプトで作成してもらった。
 (※個人的にかなり気に入っている)

 ▼「UNLIMITED CLUB」公式ホームページ
 → http://www.unlimited-media.jp/



 もちろん、あなたが壁をぶち破ってから
 見る世界が、僕と同じかどうかはわからない。


 しかし、目の前の「壁」を壊さないと、
 今の自分の生活が変わることはありえない。


 これは真実。
 だから、僕と一緒に「壁」を壊して進んでいこう。


 その先には、今まで
 見たことがない世界があることを約束する。


 僕もゼロからのスタート。
 だから、これから一緒に突き進んでいこう。


 そういう強い想いを込めて「CLUB」と名付けた。


 ただし、巷(ちまた)に溢れる稼ぐ系ネットビジネス塾のように、
 塾長が「教祖様」と化し、塾生が「信者」となる。
 そういう関係性は望んでいない。


 僕とあなたの関係はあくまで対等。
 僕は、クラブ創設者に過ぎずCLUBメンバーの一員。


 メンバーとともに
 切磋琢磨し、自分を磨き、成長していきたいと思っている。


 そのため、僕もあえて、
 初心に戻り「ゼロからのスタート」を切った。


 共に「限界突破」を胸に日々成長し、そして「稼ぎ」に行く。


 「CLUB(クラブ)」という名称だが、
 この無料メルマガに登録しているだけでCLUBメンバーの一員となる。


 もちろん、入会費・月額費用は完全無料。


 メンバー資格は、CLUB理念に共感出来るかどうかだけ。
 もし、共感出来ない場合は、
 残念がら以下のページより「退会手続き」を取って頂きたい。

 ▼退会フォーム
 → http://www.unlimited-media.jp/release/



 あくまで、賛同出来る方だけCLUBメンバーになって欲しいと思っている。


共通目標はWEBビジネス収入「1億円」


 「限界を突破しよう!」

 「自由なライフスタイルを!」

 「新しい世界に一緒に行こう!」


 これだけでは、怪しい自己啓発系か
 宗教のようだから、具体的目標が必要だと思う。


 僕は起業家であり、思想家でも宗教家でも哲学者でもない。


 CLUBの目的は、
 あくまで、ネットビジネスで「稼ぐ」こと。


 資本主義のこの国で
 自由を掴むためにはどうしても先立つものが必要だ。


 もちろん、その先にどういう世界を見るかはあなた次第だが。


 では、「自由」になれるために、
 実際、いくら稼げば自由になれるのか?


 10億円あっても足らないという人もいれば、
 月に5万円あれば十分すぎるという人もいるだろう。
 欲の量には、確実に個人差がある。


 では、最大公約数的に、
 金銭的かつ時間的自由をこの国で掴むために必要な金額とは?


 僕は考えた。


 僕の提案する具体的金額は「1億円」。


 1億円を年利5%で運用すれば、
 それだけで年収500万円の不労所得。


 平均年収412万円のこの時代に、
 年収500万円と言えば悪くない。
 しかも、これは「不労」で入ってくるお金だ。


 これをCLUBメンバー全員の共通目標にしたいと思う。


 「そんな、小林さん!
  1億円なんて僕には無理ですよ!
  僕はほんのちょっとお小遣いが稼げればいいんです!」


 あなたはこのように思うかもしれない。


 しかし、すぐに提案を「拒否」
 してしまう思考は早めに改善した方が良い。


 拒否から入ると脳はその時点で活動を停止する。


 それよりも「どうすれば可能だろう?」
 と考えることの方がよほど有意義だろう。


 もちろん、「1億円」というと
 驚くのも無理はないかもしれない。


 しかし、今日明日で1億円稼ごうと言っているのではない。


 そんなことは宝くじに夢を託すか、
 どこかの天才君にでも任せておけばいい。


 そうではなく、長期的視点で考えての「1億円」。


 言葉でただ「1億円」というと
 想像も出来ないかもしれないが、具体的に考えてみよう。


 例えば、5年で1億円稼ごうと思ったら、
 1日当たり「6万円」稼ぐ必要がある。


 日給6万円稼ぐことが出来れば、5年後に1億円稼げている。


 もう少しゆとりを持って、
 10年で1億円稼ぐなら、
 1日当たり「3万円」稼げば達成できる。


 さらにゆとりを持って、
 20年で1億円稼ぐのであれば、
 1日当たり「15,000円」稼げば目標達成だ。


 こう考えると、それほど不可能な金額ではないだろう?


 いまの我が国の状況を鑑みると、
 会社はいつ潰れるかわからないし、
 国だってきちんと保証してくれるかわからない。


 老後豊かな生活をしようとしたら、
 必要な金額が「約1億円」と言われている。
 (※退職後20年生きるとして、月30~50万円消費する場合)


 となれば、そこまでに僕らは、
 自力で「1億円」の余剰資金を作る必要がある。


 そして、それは決して不可能な数字じゃない。


 「いやいや、僕は本当に、
  お小遣いが稼げればいいんですよ!」


 もちろん、その場合もOKだ。
 前述のように「欲」には個人差がある。


 だから、あなたがよく考えた上で、
 例えば、月10万円増えれば満足
 というのであれば、それで何も問題ない。


 むしろ、稼ぐことを重視しすぎて、
 自由な時間がなくなってしまうのであれば、
 それは、本末転倒というものだ。


 CLUBでは、具体的数値という意味で「1億円」と設定する。


 しかし、自分自身の目標数値はあなた自身に決めて頂きたい。
 ただし、


 「いくら稼ぎたいのか?
  そして、何のために稼ぐのか?」


 これだけははっきりと意識した方が良い。


 そうでなければ、
 モチベーションも維持出来ないだろうし、
 仮に稼げたところで、浪費で消えてしまうだろう。


 ・・・目標数値は決まっただろうか?


 僕には、長年の経験から、
 インターネットで稼ぐノウハウがいくらでもある。


 これを今後、CLUBメンバーには出し惜しみなくお伝えしていく。
 ご期待あれ!


追伸


 ダーウィンの「進化論」によれば、


 「生き残るのは、自らを変えられるものだけ」


 である。目まぐるしく変化する世界。
 その中で安穏と生きることは「死」を意味する。


 環境の変化に合わせ、
 柔軟に自らを変化させ、適応する。


 これが「進化」。


 ラットイヤーと呼ばれるほど
 変化の速いネットビジネス業界においても、
 この「進化論」が当てはまるのは間違いない。


 僕も今、このことに
 気づいていなければ、数年後、
 この世界から消えていたかもしれない。


 ウォルト・ディズニーの
 言葉を借りるのであれば、


 「現状維持では後退するばかりである。」


 だから、今、気づけたことに感謝する。
 今後活動する上でメンバー全員これを心に刻んでほしい。


編集後記


 今回の記事が、僕にとっての新たな「創刊号」になります。


 旧メルマガから長らく
 購読してくださっている方には、
 多少、違和感があるかもしれませんが、
 今後はこのスタイルで情報発信をしていきます。


 また、ブヨブヨの腹を凹ますため、
 休止していたジム通いも再開しました(笑)


 新しくなった小林憲史を今後も宜しくお願い致します。



 

UNLIMITED CLUB


 

CLUB代表 小林が実際に教材内容を確認し検証した上で、厳選したCLUB公認のアフィリエイト教材。
現在、小林が推薦出来る教材は数あるアフィリエイト教材の中でこの三つだけ。

平均月収200万の現役アフィリエイターが集結「堅実」に稼ぐアフィリエイト教材の決定版。

LUREA(ルレア)

1日16時間勤務の過酷なサラリーマン時代に生み出した「超効率」サイトアフィリエイト戦略。

アフィリエイトファクトリー

月収8,000万円稼ぎ出す圧倒的な「思考」と「ノウハウ」。「天才」と「鬼才」の叡智が融合。

LFM-TV2012


この記事に関連する記事一覧