儲けの構造|UNLIMITED CLUB【アンリミテッドクラブ】

「UNLIMITED CLUB」メルマガバックナンバーサイト(まぐまぐ!版)

目指せ!狼の群れ

読了までの目安時間:約 9分

 


目指せ!狼の群れ

 眠れない午前二時。
 ベッドの中で眠れないことに苛立ちを覚える。


 仕方なく布団を蹴飛ばし、
 ベッドからズルズルと這い出る。


 「仕方ない・・・メールチェックでもするか・・・」


 睡眠の二時間前のブルーライトは体に良くない?
 睡眠を妨げると言われている?


 知ったことか。
 眠れないんだから仕方ない。


 僕はデスクに向かいパソコンの電源を入れる。


 もちろん、ブルーライトをカットする
 PC用メガネを装着することを忘れないあたり、
 しっかり気にしている自分がちょっと可愛い。


 ブラウザをダブルクリックし、
 届いたメルマガを順に流し読みしていく。


 すると、


 「あなたを必ず成功させてみせます!」


 という気持ち悪い件名のメルマガを見つけた。
 メルマガなのか迷惑メールなのかわからないが。


 「成功させる・・・か。」


 奇妙な日本語を鼻で笑い届いたメルマガを一括削除した。


 苛立ちはベッドにいた時の何倍にも膨らんでおり、
 僕は、ベッドから出たことを心底後悔した。


目指せ!狼の群れ


 僕の目指す「UNLIMITED CLUB【アンリミテッドクラブ】」のあるべき姿。
 それは、


 「狼の群れ」


 どこかの誰かに尻尾を振って、
 エサを分けてもらう犬っころではなく、
 自らエサを捕りに行く「狼」。


 そんな狼の集団にしたいと思っている。


 わかりやすく言えば、
 誰かに稼がせてもらうのではなく、
 自ら稼いでやる!そういう気構えを持って頂きたい。


 インターネット上には、


 「あなたを確実に稼がせてみせます!」


 という稼ぐ系高額塾が乱立している。


 しかし、なぜ「あなたを確実に稼がせる」という
 謳い文句の稼ぐ系高額塾に入塾しても稼げないのか?


 もちろん、稼げない理由は様々だろう。


 高額塾のカリキュラム自体が雑であったり、
 あなたの作業量が単純に足りないなど、
 稼げないのには、それ相応の理由がある。


 しかし、最も大きな理由はそれではない。
 最大の理由は、


 「稼がせてもらおう」


 という腐った依存マインドだから。


 大先生:「あなたを確実に稼がせてみせます!」

 あなた:「はい!僕を稼がせて下さい!」


 ・・・見ていて痛々しい限りだ。


 表面上でどれだけ「本気です!」と
 言ったところで、深層心理レベルで、
 腐った依存マインドを持っていれば目的達成は不可能。


 仮初め(かりそめ)の本気はすぐに瓦解するだろう。


 つまり、どこかの誰かに、
 金持ちにして「もらおう」と思っている時点で、
 残念ながら成功は出来ない。


 自分の人生を誰かに丸投げして、
 稼がせてもらおうという姿勢が甘すぎるのだ。


 そうではなく、
 自分自身で教材や高額塾を「利用」する。
 稼がせてもらうのではなく、自ら稼ぐ力を手に入れる。


 実は、インターネットで稼げるようになる人はこういう人なのだ。


あなたを「稼がせる」のは不可能


 このインターネットビジネスという業界では、
 不思議なことに、


 「あなたを私が稼がせます!」

 「あなたを成功させてみせます!」

 「あなたを億万長者にしてみせます!」

 「私は1,000人を稼がせた男です。」

 「1億円稼がせた私が教える秘密のノウハウ!」


 という言葉が飛び交っている。


 無料オファーなどでは、
 この言葉に「絶対」「確実に」「100%」などの
 驚くべき言葉がセットで、もれなくついてくる。


 僕はこれが不思議で仕方ない。


 もちろん、僕のところにも、


 「小林さんのおかげで人生が変わりました!」

 「アンリミテッドアフィリエイトのおかげで稼げるようになりました!」


 という有難いメールを送ってくれる人もたくさんいる。
 これは素直に嬉しい。


 しかし、こういうメールを頂いたら、
 僕は例外なく、


 「いえ、僕のおかげではありません。
  あなたが頑張ったから稼げたんですよ。
  あなたは自分自身で人生を変えることが出来たんです。」



 と返事をさせて頂いている。
 これは謙遜ではなく、本心でそう思っている。


 なぜなら、本当の意味で、
 僕があなたを稼がせることは出来ないから。


 もちろん、CLUBメンバーには、
 しっかり稼いで欲しいと思っているし、
 稼げるだけのテクニックやノウハウをお伝えしている。


 しかし、どれだけ僕がテクニックやノウハウを教えても、
 最終的に実践し、作業するのは「あなた」なのだ。



 つまり、僕が直接稼がせるのは、
 どう頑張ったところで無理なのだ。


 僕が出来るのはせいぜい「きっかけ」を与えることだけ。


 僕自身、教材もメルマガも、
 最高レベルの情報、しかもグレーな方法ではなく、
 正統派の情報をお伝えしているという自負はある。


 しかし、これら全ても、
 結局はあなたが行動に移すため、
 若しくは、軌道修正することしか出来ない。


 もし、本当に巷で言われているように、
 本気で稼がせるのであれば、


 ・あなたの代わりに、ブログを作り

 ・あなたの代わりに、メルマガを発行し

 ・あなたの代わりに、キーワードを選んで

 ・あなたの代わりに、プログラムを選んで

 ・あなたの代わりに、サイトを作り

 ・あなたの代わりに、SEOを施して

 ・あなたの代わりに、リストを集めて

 ・あなたの代わりに、教材を作成して

 ・あなたの代わりに、ステップメールを作って

 ・あなたの代わりに、セミナーを開催して

 ・あなたは、入金を待つだけ


 これら全てをあなたの代わりにやるなら、
 これはもう「あなたを僕が稼がせた」と言っても良いだろう。


 しかし、現実問題として不可能。
 だから、僕は、


 「よくも簡単に、皆、本気で稼がせるとか言えるよなー」


 と常々、不思議に思う。
 ここまでやる気合いがあるのかな?と。


 そうでないなら、「稼がせる」「稼がせた」というのは
 安易に、軽々しく使う言葉ではないと思う。


俺のおかげで大学に合格した


 学生時代も塾講師をしていた時も、
 こんな教師は確かに周りに何人もいた。


 「俺があいつを東大に入れてやった」

 「あいつは俺のおかげで京大に合格出来た」


 経験上、無能な教師ほど、
 恥ずかしげもなくこんな台詞(せりふ)を平気で吐く。


 生徒が自発的に感謝するならまだしも、
 自分から言うことではない。


 そして、断言しても良いが、


 「大学に合格したのは本人が頑張ったから」


 以外の何物でもない。


 本人がしっかり勉強し、
 その実力を本番で発揮出来たから合格したのだ。
 それ以上でも以下でもない。


 もちろん、裏口入学のための強力なコネを持っていたり、
 その教師が替え玉受験で代わりに受験してくれたのであれば、
 それは「俺のおかげで合格した」と言っても良いだろう。


 しかし、そうでないのなら本人の手柄だ。


 教師が自らその手柄を横取りし、
 それを吹聴するのは恥知らずも良いところ。


 そして、もし、本当に自分のおかげで
 大学に合格したと言い張るのなら、
 不合格だった人の責任も取るべきだと思う。


 「○○君は、先生のおかげで大学に合格したんですよね?
  ということは、××君は先生のせいで不合格になったんですね?」


 しかし、このように聞くと、
 ほぼ確実に「それは、彼の勉強不足だ。」と返ってくる。


 「部下の手柄は上司のもの。
  上司の失敗は部下の責任。」



 まるでドラマ「半沢直樹」に出てくるクソ上司さながらの返答。
 これで人にものを教える立場にいるのだから笑える。


 だから、CLUBメンバーは、


 「あなたを確実に稼がせます!」

 「あなたを100%成功させてみせます!」


 という不思議な言葉を鵜呑みにしないで欲しい。
 言っている方も、聞いている方もどうかしている。


 それを鵜呑みにして、


 「はい、私を稼がせてください!」


 と脊髄反射で答えた時点で敗北確定。


 誰かに稼がせて「もらおう」と思った時点で、
 ビジネスパーソン失格だ。


 それは僕が目指す「狼の集団」ではない。
 エサをもらう犬っころの集まり。


 稼がせてもらうんじゃない。
 自力で稼ぐんだ。


 そのための「力」を得ることが最も重要なのだ。


 もし、万一どこかの誰かに
 稼がせて頂いたとしても、それはあなたの力じゃない。


 すぐにメッキははがれる。


 仮に、裏口入学で合格しても、
 大学の授業についていけないのと同じ。


 結局は、自分の「器」を広げ、
 稼ぎに見合うだけの人間になるしかない。


 あなたの収入がまだ目標に達していないなら、
 まだそれに見合う「器」が出来ていないだけのこと。


 100mmしか入らないコップに1リットルの水は入らない。


 そして、全てを自分の責任でやるから、
 目標を達成した時の喜びも大きいのだと思う。


 どこかの誰かに稼がせて「頂いた」のでは、
 この達成感は決して味わえない。


 だから、僕はCLUBメンバーに「狼」を目指して頂きたい。


                       UNLIMITED CLUB 小林憲史

追伸


 最近CLUBに入会された方は、
 もしかするとご存じない可能性があるので、
 念のためにCLUBで今年最初に配布した「宝の地図」を掲載しておく。

 ▼「億超え」マインドマップ
 ( PDFファイル / ファイルサイズ317,126バイト )
 → http://unlimited-media.jp/web/mindmap.html




 僕らがインターネットを最大限に活用し、
 WEBビジネスで「億超え」を達成するための全体像はここにある。


 是非、プリントアウトし、
 パソコンデスクのよく見える場所に貼っておいて頂きたい。


編集後記


 こんにちは、CLUB代表の小林憲史です。


 本日もご愛読誠にありがとうございます。
 今回のお話はいかがだったでしょうか?


 今回のテーマは「目指せ!狼の群れ」です。


 インターネット上を眺めていると、
 不思議なことに、


 「あなたを私が稼がせてみせる!」


 若しくは、


 「私が彼らを稼がせたんだ!」


 と豪語する人がいらっしゃいます。
 しかし、私の考えでは決してそうではないと思います。


 本編でもお話しした通り、
 結局僕ら教材販売者や塾運営者は、
 稼ぐための「きっかけ」を与えるだけです。


 なぜなら、どれだけノウハウを知っても、
 どれだけ優れたテンプレートを持っていても、
 どれだけ優秀なコンサルティングを受けても、


 「実践し、作業するのは自分自身」


 これは揺るぎない事実です。


 だから、あなたが稼げたのであれば、
 胸を張ってドヤ顔すれば良いと思います。


 あなたがしっかりやるべきことをやり、
 その上で成果を出したのですから、
 その達成感はあなただけのものです。


 そして、そうなるためには、
 やはり「狼」を目指すべきだと思います。


 どこかの誰かにエサを恵んでもらう犬っころではダメです。


 自ら狩りに出かけ、
 獲物を仕留めるというスタンス。


 そして、狩りに必要なスキルをしっかり習得する。
 これが重要だと思います。


 誰かに尻尾を振って、
 稼がせて「もらおう」と思った時点で、
 誇りも尊厳も何もかも捨て去ったことになります。


 そんな生き方って、正直カッコ悪くありませんか?


 そうではなく、
 日々、自分の「牙」を磨き続け、
 自ら稼ぐ力を身に着ける。


 CLUBメンバーには、そういう生き方を目指して頂きたいと思います。


 それでは、本日のお話は以上となります。
 次回更新にご期待ください。


 次回更新は、10月17日(木)18時頃を予定しております。



 

雑記・備忘録


 

CLUB代表 小林が実際に教材内容を確認し検証した上で、厳選したCLUB公認のアフィリエイト教材。
現在、小林が推薦出来る教材は数あるアフィリエイト教材の中でこの三つだけ。

平均月収200万の現役アフィリエイターが集結「堅実」に稼ぐアフィリエイト教材の決定版。

LUREA(ルレア)

1日16時間勤務の過酷なサラリーマン時代に生み出した「超効率」サイトアフィリエイト戦略。

アフィリエイトファクトリー

月収8,000万円稼ぎ出す圧倒的な「思考」と「ノウハウ」。「天才」と「鬼才」の叡智が融合。

LFM-TV2012


この記事に関連する記事一覧