儲けの構造|UNLIMITED CLUB【アンリミテッドクラブ】

「UNLIMITED CLUB」メルマガバックナンバーサイト(まぐまぐ!版)

恥を忍べ、傾絶せよ。

読了までの目安時間:約 10分

 


恥を忍べ、傾絶せよ。

 ザワ・・・ザワ・・・ザワ・・・ザワ・・・ザワ・・・


 あるセミナー会場。
 セミナーのテーマは「メルマガアフィリエイト」。


 今、最も勢いがあるアフィリエイター達が
 講師を務めるということで、僕も珍しく参加した。


 一人目の講師が登壇し、セミナーが始まった。
 開口一番、彼はマイクに向かい大声で叫んだ。


 「皆さんは、良心を捨てることが出来ますか?」


 会場が一瞬凍りつく。一同、何の話か理解出来ない。
 良心?今日のテーマはメルマガアフィリエイトでは?
 一種異様な空気の中、講師は続ける。


 「稼ぎたかったらまずは良心を捨ててください。
  そして、詐欺商材でも何でも、
  特典を大量に付けてとにかく煽りまくりましょう!

  まぐまぐ!なら一日5回、
  独自配信なら一日10回は配信してください。
  そうすれば、月収100万円なんか簡単に稼げます!(キリッ)」


 彼は堂々と言い放った。
 熱心にメモを取る者もいれば、拍手をする者もいる。
 どいつもこいつも馬鹿ばかりである。


 「繰り返します!まずは良心を捨て・・・」


 彼が大声を張り上げる中、
 僕はノートパソコンを鞄にしまい、会場をそっと後にした。


 風の噂で、彼のメルマガが枯れ果て、
 詐欺まがいの高額塾を始めたという話を聞いたのは、
 それから数ヶ月後のことだった。今から数年前のことである。


故旧を絶ちて、義と背け?


 インターネットを駆使したWEBビジネス。


 「億超え」を目指す僕らは、
 当然、WEBで稼ぐことが目標になる。


 しかし、だからと言って、
 決して「お金」だけが目的になってはいけない。


 お金はあくまで目的達成の手段に過ぎない。


 その先にある自由、幸せ。
 それらを手にするための手段でしかない。
 これを勘違いしてはいけない。


 確かに、孟子曰く(いわく)、


 「富を欲するか。恥を忍べ、傾絶せよ。
  故旧を絶ちて、義と背け。
 (恥に耐え、命の限りに全力を尽くせ。
  旧友との交際を絶ち、義理に背け。もし富を得たいのならば)」



 冒頭の彼が孟子の言葉を知っていたかどうかは知らない。


 しかし、少なくとも「良心を捨てろ!」と
 明言した彼が、その後ほどなくして、
 全く稼げなくなってしまったことを考えると、
 そのやり方では、長続きはしないということは自明の理。


 他人を欺き、騙し、搾取する。
 確かに、そうすれば短期的な富は得られるかもしれない。


 ただ、決して長続きはしない。


 いや、仮に長続きしたところで、
 僕は決してCLUBメンバーにそんなことを勧めない。


 前述のように「お金」はあくまで、
 自分が望む未来、自由や幸せ、
 そういうものを手に入れるためのパスポートに過ぎない。


 他人を欺き、騙し、搾取した先に、
 果たして、心から幸せになれるのだろうか?
 少なくとも僕は、そんなに強い心臓を持ち合わせてない。


 だから、僕はCLUBメンバーには常に、
 それ相応の価値を提供し、その対価として金銭を受け取ること。
 そして、その価値を提供出来るレベルの人間になることを主張している。


 綺麗事・偽善者と思われても構わない。


 しかし、そうすることが、
 経験上、結局のところ利益を最大化出来ると確信している。


 ただ、孟子の言葉の後半は反対だが、
 前半部分は、個人的に大賛成。すなわち、


 「恥を忍べ、傾絶せよ。
 (恥に耐え、命の限りに全力を尽くせ。)」



 この部分。
 これは、僕らが「億超え」を目指す上で忘れてはいけない言葉だと思う。


 まず、「恥を忍べ」だが、
 僕が思うに、稼げない人の多くは「恥」に耐えられない。
 特に年配の人に多いように思う。


 例えば、WEBでは、10代、20代の若者も活躍しており、
 20代にして「億超え」を達成した猛者もいる。


 しかし、ある程度の年齢になってしまうと、
 残念ながら、彼らに素直に頭を下げられなくなってしまう。


 もちろん、若者の側にも、


 「金だけ稼げた、礼儀知らずの若造が!」


 と思われてしまう側面はあるが、
 やはり彼らが実績を出しているのであれば、素直に頭を下げて、
 教えを乞う姿勢というのも必要なのではないだろうか?


 あなたにも人生経験があり、
 自分よりも年下の若造に頭を下げるのは、
 プライドが許さないかもしれない。


 しかし、それこそ「恥を忍べ」だと思うのだ。
 一円にもならないチャチなプライドなら捨て去ってしまえばいい。


恥を忍べ、傾絶せよ


 次に、「傾絶せよ」。
 直訳は「命の限りに全力を尽くせ」。


 もちろん、さすがに命を懸ける必要はないと思う。


 しかし、「全力を尽くす」。
 これは避けられないことだろう。


 未だに、


 「再現性100%」「馬鹿でも稼げる」
 「一日5分の作業で」「中卒ニートが」
 「知識不要、ブランディング不要、ライティング不要、努力不要」


 など情報弱者が喜びそうなフレーズが、
 業界では踊り狂っているが、そんなものは存在しない。


 もちろん、今更CLUBメンバーには説明も不要だと思うが。


 問題なのは「全力のレベル」。
 ここが以前より問題だと思っていた。


 つまり、「本気でやります!」と言っても、
 個人個人で「本気のレベル」が明らかに違うのだ。


 A君は、寝る間も惜しんで、
 パソコンに向かうことを「本気」と考えるかもしれない。
 逆に、B君は一日一時間の作業を「本気」と考えるかもしれない。


 しかし、だからと言って、
 一日一時間の作業では稼げないかというとそうではない。


 ダラダラ過ごした一日よりも
 濃縮された一時間の方が濃いこともある。
 つまり、単純に「時間」は尺度にならない。


 そこで僕が最近確信したのは、


 「自分がハマっているかどうか?」


 これが最大の尺度ではないかと思うようになった。
 作業時間でも作業日数でもなく「没頭度」。
 どれだけハマって集中出来るかが「本気」の尺度ではないだろうか?


 例えば、僕は小学校三年生の時、
 SFC(スーパーファミコン)のマリオにハマりまくった。
 (※正式名「スーパーマリオワールド」)


 両親から「ゲームは一日一時間まで」と言われても、
 両親が寝静まった深夜にこっそりSFCを起動。


 音量を最小にまで絞って、朝方まで熱中。
 両手の親指には、ゲームダコが出来てしまう始末。


 結局、両親に見つかってこっぴどく叱られたりもした。


 学校の授業中も頭の中は常に「マリオ」。
 脳内でゲームをシュミレーションし、
 あらゆる裏技、近道を考え出し、帰宅してすぐ「マリオ」。


 本屋に行けばすぐに攻略本コーナーに足を運び、
 裏ステージの攻略法やボスキャラの効率的な倒し方を研究。


 とにかく、寝ても覚めてもマリオ、マリオ、マリオ!だった。


 これがいわゆる「ハマる」という状態。
 僕は、マリオに全力を尽くしたと言っても過言ではない。


 そして、アフィリエイトを始めた時もそう。
 僕は、アフィリエイトにハマった。


 ASPにログインしてキーワードを探すこと、
 本当に役立つメルマガを読んで学ぶこと、
 情報教材でノウハウを学ぶこと、
 キーワードを選び、ブログを作りテストすること。


 マリオに熱中していた時と同じレベルでやりこんだ。
 だから、僕は、


 「小林さんって努力家ですね。」


 とか言われると何とも恐縮してしまう。
 単にハマっていただけで、努力したという意識がない。


 もちろん、思い返してみれば、
 頑張ったのかなー?とは思うがあまり実感はない。


 むしろ、ジョセフ・ジョースターよろしく、


 「オー!ノーッ
  おれの嫌いな言葉は

  一番が「努力」で
  二番目が「ガンバル」なんだぜーッ」



 と叫ぶ方が自分に合っているような気がする。
 しかし、努力嫌いの僕でも、
 ハマってしまえば驚異的な集中力を発揮することが出来る。


 「じゃあ、小林さん。
  やっぱり、自分の趣味とか好きなことに挑戦した方がいいですか?
  それならハマれそうな気がします!」


 もしかすると、あなたはこう思うかもしれない。


 もちろん、これは理想。
 自分の趣味(好きなこと)と稼げるジャンルが一致すれば最高だ。


 しかし、残念ながらそんなに甘くはない。
 大抵の場合、自分の趣味と稼げるジャンルは一致しない。
 だから、自分の趣味でアフィリエイトをすると大抵失敗する。


 では、やはり稼げるジャンルが良いのか?
 というとこれも正解ではない。


 多くのWEBビジネス初心者(ルーキー)が
 挫折してしまう原因の一つが、
 そのジャンルに自分が全く興味がないということ。


 全く興味がないのでコンテンツも作れず、
 自分もハマれないし、何より苦痛。
 だから、稼げるというだけでの選択も失敗するケースが多い。


 だから、僕がオススメする方法は、


 「まず、稼げるジャンルをリサーチして知ること」


 そして、その後、それらのジャンルの中で、


 「自分でも興味の持てそうなジャンル」


 を選択し、折り合いをつけること。
 これが最もリスクを抑えて、かつハマれる方法。


 自分の趣味(好きなこと)だけでもダメ。
 稼げるジャンルというだけでもダメ。


 重要なのは、「折り合い」をつけるということ。


 そして、参入ジャンルが決まったら、
 あとは徹底的に「恥を忍べ、傾絶せよ。」である。
 自分の「本気レベル」が不透明である場合、以上参考にして頂きたい。


                       UNLIMITED CLUB 小林憲史

追伸 1


 僕の友人の椿さんが先日、面白い教材をリリースしたので、
 CLUBメンバーにもシェアしておきたいと思う。
 (※椿さんは、第5回「Unlimited Seminar」の講師もしてくださった)

 http://unlimited-media.jp/web/clatoughma-work.html



 詳細は上記ページに譲るとして、
 このキーワードライティング起業法は、
 いわゆる「在宅ライター」としてネットで稼ぐ方法。


 通常、僕らアフィリエイターは、
 稼げるようになったら外注ライターを雇い収益を膨らませる。
 つまり、「アフィリエイター → 外注ライターの雇用」の流れ。


 しかし、この教材では「逆」のアプローチで収入を得ていく。


 具体的には、まず在宅ライターとして、
 月10万円程度の堅実な収入を獲得し、
 その過程で記事作成のテクニックを学んでいく。


 そして、その後そのスキルを活かし、
 アフィリエイターとして活動していくというもの。
 つまり、「外注ライター → アフィリエイター」の流れ。


 もちろん、そのまま外注ライターとして、
 月10万円程度の副収入を得る方向で進めてもOK。


 インターネットで収益を得る方法は無数にあるが、
 この手法はハードルも低く、
 何よりも「お金をもらいながら学べる」という点が大きい。


 現状、アフィリエイトで行き詰っている場合、
 こういった側面からのアプローチも一つの方法としてご検討頂きたい。


 また、販売者さんの厚意でCLUBメンバー限定で、
 通常30日のサポートを3倍の90日間に延長して頂けるとのこと。



 珍しいタイプの教材なので、
 サポートの延長はメンバーにとっても魅力的な特典になるだろう。

 http://unlimited-media.jp/web/clatoughma-work.html



 ただし、決済画面で「■UNLIMITED CLUB限定特典付き」の
 表示があることを必ずご確認頂きたい。
 この表示がない場合、サポートの延長特典は受け取ることが出来ない。


追伸 2


 最近CLUBに入会された方は、
 もしかするとご存じない可能性があるので、
 念のためにCLUBで今年最初に配布した「宝の地図」を掲載しておく。

 ▼「億超え」マインドマップ
 ( PDFファイル / ファイルサイズ317,126バイト )
 → http://unlimited-media.jp/web/mindmap.html




 僕らがインターネットを最大限に活用し、
 WEBビジネスで「億超え」を達成するための全体像はここにある。


 是非、プリントアウトし、
 パソコンデスクのよく見える場所に貼っておいて頂きたい。


編集後記


 こんにちは、CLUB代表の小林憲史です。


 本日もご愛読誠にありがとうございます。
 今回のお話はいかがだったでしょうか?


 今回のテーマは「恥を忍べ、傾絶せよ。」です。


 WEBビジネスで稼ぐためには、
 結局のところ「徹底的にハマる」しかない。
 最近、僕が感じるのはこの点です。


 一口に「本気」と言ってもそのレベルは千差万別。
 それは仕方ありません。


 僕自身、アフィリエイトを始めた当初のことを
 思い返しても、確かにハマりまくっていたと思います。


 日々、新しい知識を吸収し、
 WEBのスキルが向上していき、
 少額ながらも報酬が発生していく。


 さながらRPG(ロールプレイングゲーム)の
 レベルアップのような感覚でやっていたように思います。


 だから、あまり努力という感覚がないのかもしれません。


 一方、ハマれない人は、
 もしかするとこの作業が苦痛で仕方ないでしょう。


 確かに、小学校三年生の時、
 両親に「試しにやってみてよ!」と
 スーパーマリオをやってもらいましたが、


 「いったい何がおもしろいのか理解出来ない」


 と言っていたのを思い出しました。


 もちろん、テレビゲームならこれで構いません。
 やりたくなければやらなくてもいい。


 しかし、僕らのようにWEBで稼ぎたい人間は、
 興味がないからといってやらないわけにもいきません。


 そこで重要となるのが、本編でもお話しした、


 「折り合いをつける」


 ということなのかなと思います。
 稼げるジャンルと自分の趣味(好きなこと)を比較し、
 その妥協点を模索して、挑戦すること。


 これが挫折するリスクも低く、成果が出しやすい方法だと思います。


 今、挑戦しているジャンルで
 作業するのが苦痛で仕方ないという場合、
 是非、一度上記の手順で方向を修正してみてください。


 ちなみに、ダイエット、化粧品、
 バストアップ、脱毛などについて詳しくなると、
 女性にもモテるようになるのですが、それはまたの機会に。


 それでは、本日のお話は以上となります。
 次回更新にご期待ください。


 次回更新は、12月19日(木)18時頃を予定しております。



 

雑記・備忘録


 

CLUB代表 小林が実際に教材内容を確認し検証した上で、厳選したCLUB公認のアフィリエイト教材。
現在、小林が推薦出来る教材は数あるアフィリエイト教材の中でこの三つだけ。

平均月収200万の現役アフィリエイターが集結「堅実」に稼ぐアフィリエイト教材の決定版。

LUREA(ルレア)

1日16時間勤務の過酷なサラリーマン時代に生み出した「超効率」サイトアフィリエイト戦略。

アフィリエイトファクトリー

月収8,000万円稼ぎ出す圧倒的な「思考」と「ノウハウ」。「天才」と「鬼才」の叡智が融合。

LFM-TV2012


この記事に関連する記事一覧