儲けの構造|UNLIMITED CLUB【アンリミテッドクラブ】

「UNLIMITED CLUB」メルマガバックナンバーサイト(まぐまぐ!版)

そして仲間がまた一人

読了までの目安時間:約 7分

 


そして仲間がまた一人

 2006年の秋。一人の友人が僕の部屋を訪れた。


 彼:

 「そういえば、小林さん、
  最近インターネットでアフィリエイトっていうの、
  やってるんじゃなかった?あれ、どうなったの?」


 僕は、パソコンの電源を入れ、
 ネットバンクにアクセスしパスワードを入力する。


 「まあ、ボチボチやってるけど、
  だいたい一ヶ月の報酬はこんなもんかな?」


 彼はおもむろにパソコンの画面を覗き込み、
 先日入金されたばかりの僕の報酬金額に目をやる。


 彼:「・・・・・・えっ!?」


 僕:「ニヤリ」


 彼は、見たこともない金額に驚きを隠せないようだ。


 僕:

 「先月は、他のことをしてたから、
  一日一時間ぐらいしか作業出来なかったけど、
  それでもこれぐらいの金額は稼げたね。」

 彼:

 「小林さん、僕にもアフィリエイトを教えてよ!」


 彼は目をキラキラ輝かせながら、
 インターネットビジネスに興味を持ち始めた。


 僕:

 「いいよ、じゃあまずは無料ブログを・・・」


 こうして僕の大学時代の友人は、
 また一人インターネットビジネスの世界に足を踏み入れた。


稼げない理由「信用」


 僕のところに寄せられる質問の一つに、


 「稼ぐ系情報教材のアフィリエイトをしていますが、
  なかなか自分が紹介している教材が売れません・・・」


 というものがある。


 なるほど、この悩みはよくわかる。
 僕もルーキー時代、この問題に直面したころがある。


 これは、情報教材に限らず、
 物販であっても売れない理由はシンプルに言ってしまえば、


 「あなたのWEBメディアがまだ信用されていないから」


 ということになる。


 商品を販売するために
 様々なテクニックやセールスの方法があるが、
 その根底にあるのは「信用」。


 アフィリエイトに関して言えば、
 販売者、もしくは紹介しているアフィリエイター、
 さらに言えば彼らの運営するWEBメディアを
 一定レベル以上「信用」しているからこそ、
 商品購入というアクションに至るのは間違いない。


 逆に言えば、稼げないアフィリエイターは、
 この「一定レベルの信用」の水準に
 まだ至っていないために商品が売れないと言える。


 これは、顔写真を掲載しているとか
 そういうレベルの低い問題ではない。


 事実、僕は月収100万円を達成した時点では、
 一切顔写真の掲載もしていなかった。


 顔写真を掲載すれば、
 それで信用されるというのあまりにも短絡過ぎるだろう。


 ただ、確かに顔を見れるというのは、
 ある種の安心感を生む要因なのは間違いない。


インターネット世界への誘い(いざない)


 そこで、こういうアプローチはいかがだろう?


 例えば「身近な友人」に一度、
 アフィリエイトを勧めてみるのはどうだろう?


 もちろん、友人でも家族でも問題ない。


 すでに顔見知りで、
 一定以上の信頼関係がある人が望ましい。


 オンライン上ではなく、
 オフラインでWEBビジネスの魅力を伝える。


 実は、これは非常に有効な方法なのだ。


 「でも、小林さん。インターネットで稼ぐって、
  やっぱり普通の人からしたら、怪しいと思うんですよ。
  友人にそんな話をして、ドン引きされたら困ります。」


 もし、あなたが反射的に
 このように思ってしまったのであれば、
 それが、あなたが今稼げない最大の理由だろう。


 自分の身近な友人には紹介出来ない。
 でも、インターネット上では「オススメです!」と叫んでいる。



 これがどれだけ矛盾しているかは言うまでもない。


 僕は、自分で情報教材を勧める時は、
 身近な友人にも勧めることが出来るのは、
 当たり前のこととして考えている。


 実際、僕の右腕のK(ケイ)。


 彼は、僕がアフィリエイトの魅力を伝え、
 そして、WEBビジネスに取り組むことを決意した。


 他にも、某一部上場企業の友人にも
 アフィリエイトの方法を教え、
 彼は、こっそり片手間で副収入を稼げるようになった。


 また、実は僕は自分の母親にも
 アフィリエイトというビジネスを教え、
 空いた時間でパソコンを使い稼げることを教えた。


 挙げるときりがないが、
 僕はアフィリエイトという稼ぎ方が非常に理に適っており、
 魅力的なビジネスモデルだと確信している。


 これだけリスクが低く、
 それでいて圧倒的に稼げるビジネスはなかなかない。


 だからこそ、自信を持って勧めることが出来る。


 すでに顔見知りで、
 それなりに信頼関係がある人に「アフィリエイト」を勧めて、
 それでも興味が持たれないのであれば、
 あなたがインターネット上で信用されないのも仕方ないかもしれない。


 また、実際に対面でWEBビジネスを勧めると、
 彼らが、何に対して「怪しい」と
 感じているのかリアルに知ることが出来る。


 例えば、ネットバンクの不正アクセス事件を
 ニュースで見て不安があるというケースや
 芸能人によるペニーオークション詐欺事件を見て、
 ますますインターネットが怪しいと思ったなど、
 実際に話すことで「生の声」をヒアリングすることが出来る。


 そして、そこにインターネット上で、
 稼ぐ系情報教材をアフィリエイトして成功する「秘訣」が隠れている。


 そう、これらの「不安」を
 解消出来るだけのコンテンツを作成すれば良いのだ。


そして、仲間がまた一人


 オフラインで身近な友人を
 WEBビジネスの世界に誘うということには、さらなるメリットがある。


 それは、


 「共通目標を持つ仲間が増える」


 ということ。


 しばしば、アフィリエイトは、
 孤独な作業の繰り返しと言われる。


 そして、その苦行に耐えたものだけが稼げる・・・と。


 しかし、これは、
 完全に誤った認識だと僕は思う。


 実際、僕はWEBビジネスを開始して七年。
 別に孤独だと思ったことは一度もない。


 それは、例えばK(ケイ)のように、
 身近で目標を共にし、切磋琢磨出来る仲間を
 少しずつ増やして来たからに外ならない。


 確かに、たった一人で
 作業を続けるというのは精神力が必要なのかもしれない。


 自分の方向性は間違っていないか?
 他の人たちはどんな作業をしているのだろう?


 たった一人では様々な不安が入り乱れるだろう。


 だからこそ、セミナーや懇親会に参加し、
 同じ志を持つ仲間と出会うことには意義がある。


 しかし、せっかくであれば、
 身近な友人たちも巻き込むことが出来れば、
 もっともっと楽しくなると思わないだろうか?


 そして、身近で
 目標を同じにする仲間を一人でも作ることが出来れば、
 あなたの成功はさらに加速する。


 例えば、スピードスケートは
 二人で滑走する方がタイムが上がると言われる。


 どれほど才能がある人でも、
 一人で走ると好成績が出せない。


 共に走るライバルがいて、互いに好成績が出せるようになる。


 だから、そういう仲間を一人でも多く集め、
 アフィリエイトサークルのようなものを
 主催するのもおもしろいだろう。


 そうすれば、参加者はもちろんのこと、
 あなたにとっても切磋琢磨出来る仲間が出来、刺激になる。


 WEBビジネスは、孤独な作業の繰り返し。
 確かに、その側面があることは否定しない。


 しかし、その先入観を捨て去り、
 身近な仲間を増やすということが出来れば、
 あなたのビジネスライフはますます充実するだろう。


 この魅力的なビジネスの世界に、
 あなたの友人を誘わないのはもったいないと思わないだろうか?


                       UNLIMITED CLUB 小林憲史

編集後記


 こんにちは、CLUB代表の小林憲史です。


 本日もご愛読誠にありがとうございます。
 今回のお話はいかがだったでしょうか?


 今回のテーマは「そして仲間がまた一人」です。


 本編でもお話ししましたが、
 僕はこれまで何人もオフラインの友人に
 アフィリエイトを勧めてきました。


 そして、彼らは実際に作業に取り組み、
 きちんと成果を出すことが出来ました。


 有料教材を購入した友人もいれば、
 持ち前のビジネスセンスを駆使し、
 無料レポートのノウハウだけで稼げた友人もいます。


 もちろん、彼らも最初は、


 「インターネットビジネスって怪しそう・・・」


 という反応だったのですが、
 僕の話を聞くうちに少しずつ興味を持ち始め、
 実際に取り組むことを決意しました。


 現在も副業として稼いでいる人もいれば、
 K(ケイ)のように僕の会社に勤めることになった人もいます。


 僕はCLUBのメルマガを執筆する際、
 自分の過去やってきたことなどを振り返ることがありますが、
 今回お話しした「身近な友人」を巻き込めた・・・


 というのは一つの重要な要素かと思いました。


 もちろん、必ずしも友人に
 アフィリエイトを勧める必要はありません。


 しかし、身近な友人でさえ
 興味を持ってくれないのであれば、
 あなたがインターネット上でどれだけ騒いでも、
 信用されないというのもまた事実だと思います。


 コピーライティングの世界では、


 「一人の友人宛の手紙を書くつもりで書く」


 と教えられることがありますが、
 対面で一人の友人にアフィリエイトの魅力を
 伝えることが出来れば、最高の文章のトレーニングにもなるでしょう。


 是非、あなたの仲間を増やすことに挑戦してみてください。


 それでは、本日のお話は以上です。
 次回更新にご期待ください。


 次回更新は、2月21日(木)18時頃を予定しております。



 

雑記・備忘録


 

CLUB代表 小林が実際に教材内容を確認し検証した上で、厳選したCLUB公認のアフィリエイト教材。
現在、小林が推薦出来る教材は数あるアフィリエイト教材の中でこの三つだけ。

平均月収200万の現役アフィリエイターが集結「堅実」に稼ぐアフィリエイト教材の決定版。

LUREA(ルレア)

1日16時間勤務の過酷なサラリーマン時代に生み出した「超効率」サイトアフィリエイト戦略。

アフィリエイトファクトリー

月収8,000万円稼ぎ出す圧倒的な「思考」と「ノウハウ」。「天才」と「鬼才」の叡智が融合。

LFM-TV2012


この記事に関連する記事一覧