儲けの構造|UNLIMITED CLUB【アンリミテッドクラブ】

「UNLIMITED CLUB」メルマガバックナンバーサイト(まぐまぐ!版)

混沌と愚か者たちの狂宴

読了までの目安時間:約 10分

 


混沌と愚か者たちの狂宴

 2012年12月のある日の夕方。
 iPhoneを取り出し、今月のスケジュールをチェックする。


 今月は珍しく、毎日のように
 予定がビッシリと詰まっている。


 「師走とはよく言ったものだな・・・」


 僕は、自嘲気味に笑いながらiPhoneをポケットにしまう。


 オフィスのデスクに向かい、
 ふと、この一年を振り返ってみた。


 昨年は多くの場所に足を運び、
 人と会うことを意識したが、
 今年は、あまり外出せず自分自身を見つめ直す。


 ・・・2012年はそんな年だったように思う。


 多くの人と出会い、刺激を受け、
 人脈を築くことももちろん重要なこと。


 しかし、今年はあえて人と出会うことを避け、
 自分自身と向き合い、今後の指針を検討することを重視した。


 そうなるきっかけは当然あったのだと思う。
 確か、一年前に起こった「ある変化」とは・・・


お布施ビジネスと混沌(カオス)


 正直に告白すると、2012年の前半、
 僕はネットビジネスそのものに嫌気が指していた。


 自分が稼げなくなったから?当然、違う。


 僕の収入は至って順調。
 今月もスタッフにも十分なボーナスを支払うことが出来た。


 僕の収入の問題ではなく、
 ここ一年ほどで情報ビジネス業界がどう考えても、


 「完全な混沌(カオス)」


 となってしまったからだ。


 2005年頃は確かに黎明期で、
 即金系詐欺教材も普通に販売されており、
 怪しさ漂う業界ではあった。


 しかし、ここ一年ほどはその上を行く「混沌」。
 いや、もはや「狂気」とさえ言える。


 大きく揺り戻しが起きてしまい、
 正常な思考の人間からすれば、
 どう考えてもイカれているとしか思えない。


 「一瞬で1000万円稼ぎ出す秘術が発売!」

 「コピペをするだけで年収1億円稼ぐ方法!」

 「魔法のツールを起動するだけの完全自動化収入!」


 ・・・・・正気か?


 売る方も買う方も本気で言っているのか?
 もしかすると、僕の方が狂っているのか?


 「誇大表現」「開封ギミック」
 「煽りメルマガ」「コピペメルマガ」「ロスタイム」
 「スパム手法」「洗脳」「思考停止ビジネス」・・・



 夢を見させて搾取する。
 そして、それに心底熱狂する信者たち。


 教祖様がどうやって稼いでいるのか?
 熱心な信者がお布施を払い続けているからに過ぎない。
 そして、気づかない信者たち。


 だから、今年流行った高額塾などを
 ある起業家は「お布施ビジネス」と呼んでいる。


 信者から集まったお金を見せつけて、


 「今月はこんなに稼げました。
  だから、その方法を●●塾に入ればお教えします。
  その方法は30万円です。さらに知りたい場合は50万円です。」


 そして、そこで集まったお金をまた見せつけて、


 「●●塾を売って5億円稼ぎました。
  私が5億円稼いだ方法をあなたにだけお教えします。
  なんとたったの100万円です。」


 ・・・これを次々に、短期的に繰り返しているだけ。


 楽に儲かるというのは麻薬のようなもの。
 稼げても稼げなくても、心身を蝕んで(むしばんで)いく。


 売る側は、本当に楽して、
 誰でも、簡単に、儲かるのであれば、
 その手法を隠すことに腐心しなければならない。


 本当に再現性100%で誰でも出来るのであれば、
 広まれば使えなくなることぐらい容易に想像出来る。
 市場は無限ではないのだから。


 一方、買う側は、
 誰でも簡単に稼げるという謳い文句のノウハウを買いながら、
 簡単に稼げないことに苦悩し、次々に教材・高額塾を買い続ける。


 さながら、近道を探し続けるという迷路を彷徨う(さまよう)如く。


 ・・・その狂った行為の連鎖が2012年。


 「皆、やめようよ!絶対におかしいよ」


 僕は必死に止めようと叫び続けた。
 その狂気のスパイラルにいる限り、
 永遠に経済的自由は掴めないし、却って貧しくなる。


 ただ、僕の声は、
 信者の熱烈な声援に空しくかき消されるだけだった。


一滴(ひとしずく)の潤い


 僕が尊敬する数少ない起業家は、
 今の情報ビジネス業界をこのように評している。


 「今販売されている高額塾とかは、
  ビジネスじゃなくて、

  どうすれば合法的にオレオレ詐欺が出来るか?
  を解説しているだけだよね。

  楽して稼ぐということは、
  自分は何の価値も提供しませんが、
  お金だけ私が強奪しますと言っているのと同じこと。」


 まさに的を射た表現だと思う。


 初めのうちは僕も過渡期のバグかと思っていた。
 時間が経てば、皆、正気に戻るんじゃないか?


 しかし、その傾向は加速する一方。


 もう駄目だ・・・
 この業界はどこもかしこも狂っている・・・


 僕自身は十分稼いでいるし、
 仕組みも概ね自動で回り続けている。
 いっそのこと、もう引退してしまおうか?


 そんな自分の中で、
 もやもやした感情が渦巻いていたのが2012年の前半。


 あの時、僕のメルマガを
 読んでくれていた読者さんには申し訳ないが、
 そういう葛藤の中で情報発信をしていた。


 ・・・僕はこれからどうすればいいんだろう?


 そんな心の悩みを抱えている時、
 読者さんから届いた熱いメッセージ。


 「アンリミのおかげで人生が変わった」

 「小林さんとの出会いで人生が激変した」

 「アンリミのおかげで本業の方まで上手くいくようになった」



 ・・・僕は目頭が熱くなった。


 こんな狂った業界で、
 僕が発信したメッセージをしっかり受け止め、
 真面目にビジネスに取り組んでいる人がいることに。


 ・・・もう一度始めよう、ゼロから。


 一人でも僕を必要としてくれる仲間がいるのなら、
 僕が情報を発信し続ける意味は十分ある。


 僕は、コピペで1億円稼ぐ方法は、残念ながら教えられない。


 しかし、普通にやって、
 1億円稼ぐ方法なら知っている。


 そして、大先生や教祖様のように、
 上からものをいうのではなく、
 ルーキーと同じ立ち位置で粛々と情報を発信していこう。


 もちろん、「業界健全化」という大風呂敷を広げる気もない。


 この七年、少しずつ健全化されても、
 結局そのタイミングで怪しさ満載の教祖様が
 登場するので、正直、健全化出来るのかどうかわからない。


 むしろ、混沌を加速させている
 大先生や教祖様が「業界を健全化します!」と謳っているのだから始末に負えない。


 ただ、僕にしか出来ないこともある。


 僕の発信する情報を必要としてくれる仲間が、
 僕の考えに少しでも共感してくれる仲間が、
 一人でもいるのであれば、僕が情報を発信し続ける意味は十分ある。


 こうして2012年8月2日に「UNLIMITED CLUB」は設立された。


夢を見るのではなく、夢を「現実」に


 だから、僕はCLUBメンバーに「夢」を見せない。
 あくまで徹底的に「現実」を見せていく。


 夢を見させて搾取する。
 これが最も簡単で儲かる方法なのは間違いない。


 最低レベルの情報弱者に夢を見せ、


 「自分のようになりたければ、
  自分主催の高額塾に入信してください。」


 こうすれば圧倒的に儲かるだろう。
 そして何よりクレームが来る確率も低い。
 (※「詐欺師は頭の良い人間が嫌い」という名言がある)


 一応、断っておくが、
 僕は高額塾そのものを否定しているのではない。


 本当に価格に見合うだけの価値を
 提供している高額塾はもちろんあるし、
 実際、塾生がしっかり成果を出している塾もある。


 ただ、一部の高額塾は、
 やはり「お布施ビジネス」の領域を
 出ないように思えて仕方ない。


 だから、僕はCLUBメンバーに「夢」を見せない。


 あくまで手に入り得る「現実」。
 現実的手段としての「億超え」を提案し続けようと思う。


 もちろん、まだルーキーであれば、
 僕の提案自体も夢物語に聞こえるかもしれない。


 しかし、少しずつ、一歩ずつ、
 前に進むことで確実に手に入る未来ということはお約束する。


 その道は決して楽ではないかもしれないし、
 時には困難に心を折られそうになるかもしれない。


 だからこそ手に入れた時の喜びは、
 誰よりも大きいし、最高の達成感を味わえる。


 しかし、もしあなたが、


 「誰でも、簡単に、頭を使わず、
  楽して、即効で、初心者でも、儲かる方法」


 という夢を追いかけるのであれば、
 僕とは価値観が違うので早めにCLUBを退会して頂きたい。

 ▼CLUB退会フォーム
 → http://www.unlimited-media.jp/release/



 そんな方法は存在しないし、
 仮に存在するとしても僕の知る限りでは、
 社会的に「価値を生まない手法」であることが多い。


 若しくは、完全な「迷惑行為」。


 GoogleやFacebookといった
 「価値の創出」を重視するサービス側からすると、
 迷惑行為が徹底的に排除されるのは自明の理。


 ペンギンアップデート、
 パンダアップデートも当然その一環だし、
 Facebookやツイッターのアカウント削除もその一環。


 他人に迷惑をかけても
 自分だけが稼げれば良いという考え方の賞味期限は非常に短い。


 そして、大先生や教祖様が
 高額塾として世に出した瞬間に賞味期限終了。


 そんな一時的にしか使えない
 小手先のテクニックではなく、
 長期で安定して稼ぐ力を身に着けること。


 それこそが、CLUBメンバーの目指す最高の道なのは間違いないだろう。


                       UNLIMITED CLUB 小林憲史

追伸


 僕は今年、このような葛藤を経て
 UNLIMITED CLUBを設立するに至った。


 だからこの葛藤さえも、
 自分自身が一歩成長するための肥やしだったと思える。


 さて、あなたはどうだろう?


 一年前の自分と今の自分を比べて、
 具体的にどう変化したかを言語化出来るだろうか?


 「他人と比較して、
  他人が自分より優れていたとしても、それは恥ではない。

  しかし、去年の自分より
  今年の自分が優れていないのは立派な恥だ。」



 これはイギリスの探検家ラポックの言葉。


 もし、一年前の自分と今の自分を比べて、
 何も変化がないのであれば反省しなければいけない。


 ただ無為に時間を過ごしても一年は一年。
 日々全力で生きても一年は一年。


 しかし、同じ一年という「時間」でも密度は全く違う。


 例えば、僕の大学時代の友人などは、
 一年経っても何も変化がない。
 ただ単に一年、年をとっただけ。


 相変わらずテレビの
 バラエティー番組の話題で盛り上がり、
 居酒屋で「俺も昔は悪だった」自慢を繰り返している。
 彼らはそれでいい。そういう人生を望んでいるのだから。


 しかし、CLUBメンバーのあなたは違うはずだ。


 より高く、より充実した人生。
 そういうものを目指しているのであれば、
 決して同じところで足踏みしてはいけない。


 昨日より今日。今日より明日。
 少しずつでも良いから前に進まなくてはならない。


 少なくとも時間の速度より、
 速く進まなければ退化は進む一方だ。


 もし、今、去年の自分と何も変わっていないのなら、
 今、この瞬間から変われる準備をして頂きたい。


 一年あれば人間は別人になることが出来る。


 実際、人間の体は約60兆個の細胞で出来ているが、
 それらは日々新しく生まれ変わっている。


 胃の粘膜は約三日で入れ替わり、
 白血球は約五日で入れ替わり、
 筋肉は約六~七ヶ月で一新される。


 こうして一年経てば、
 細胞の九割は全く別のものに入れ替わってしまう。


 つまり、細胞レベルで言えば一年で全くの別人になってしまう。
 あとは自分の内面だけの問題。


 一年。長いようで、過ぎてみればあっという間。


 これからの一年、
 あなたはどう過ごすだろう?


 来年の今頃も、「去年と同じ自分」に気づき、
 自分の不甲斐なさに打ちひしがれるのだろうか?


 それとも、昨年の自分を振り返り、
 自分の成長を喜べるようになるだろうか?
 それは、今日からのあなたの行動が命運を分けることになる。


 もちろん、あなたがどのような選択をするかはわからない。


 しかし、僕はこれからも、
 CLUBメンバーとともに切磋琢磨し成長していきたいと思う。


 今年一年、僕についてきてくれて心からありがとう。
 来年もお互いにレベルアップ出来たらこんなに嬉しいことはない。


編集後記


 こんにちは、CLUB代表の小林憲史です。


 本日もご愛読誠にありがとうございます。
 今年最後のメルマガはいかがだったでしょうか?


 今回のテーマは「混沌と愚か者たちの狂宴」です。


 この一年ほどは、本当に「混沌」
 という表現がピッタリな一年でした。


 一部のまともな起業家さんは、
 この違和感に早くから気づいており、
 業界を去るか、警鐘を鳴らすかをされていました。


 その中でも僕の尊敬する起業家さんの


 「どうすれば合法的にオレオレ詐欺が出来るか?」


 という表現はまさに的確な表現だと思いました。


 来年は変革の年であるとか、
 来年以降は本物しか生き残れないなど
 多くの起業家さんが様々な予測をしています。


 来年がどういう年になるのか僕にはわかりません。


 もしかすると、さらにお布施ビジネスが
 加速していく可能性も現状の業界を見る限りでは否定しきれません。


 ただ、一つだけ確実なことがあります。
 それは、


 「王道を進んでいれば、
  少なくとも稼げなくなることはありえない」



 という当たり前の事実だけです。


 何の才能もなく、ITに詳しくない僕が、
 なぜ七年以上も着実に稼ぎ続けるかと言えば、
 小手先のテクニックではなく「王道」を突き進んでいるから。


 ただこれだけのことです。


 もちろん、王道の方法は、
 目に見える成果が出るまでに時間もかかりますし、
 作業量も決して少なくはありません。


 しかし、だからこそ安定して稼ぐことが出来る。


 土台がしっかりしているから、
 その上に立つ家も堅固になるわけです。


 砂上にいくら楼閣を築いても無意味なのです。


 来年もCLUBメンバーには、
 しっかりとした土台の上に、「儲けの構造」を
 構築していくことを提案し続けたいと思います。


 それでは、今年一年、
 CLUB公式メルマガのご愛読誠にありがとうございました。


 良いお年を!


 12月29日(土)~ 1月6日(日)は、
 弊社休業期間となっておりますので、
 次回エントリーは、1月10日(木)18時頃を予定しております。



 

マインドセット


 

CLUB代表 小林が実際に教材内容を確認し検証した上で、厳選したCLUB公認のアフィリエイト教材。
現在、小林が推薦出来る教材は数あるアフィリエイト教材の中でこの三つだけ。

平均月収200万の現役アフィリエイターが集結「堅実」に稼ぐアフィリエイト教材の決定版。

LUREA(ルレア)

1日16時間勤務の過酷なサラリーマン時代に生み出した「超効率」サイトアフィリエイト戦略。

アフィリエイトファクトリー

月収8,000万円稼ぎ出す圧倒的な「思考」と「ノウハウ」。「天才」と「鬼才」の叡智が融合。

LFM-TV2012


この記事に関連する記事一覧