儲けの構造|UNLIMITED CLUB【アンリミテッドクラブ】

「UNLIMITED CLUB」メルマガバックナンバーサイト(まぐまぐ!版)

自ら背水の陣へ

読了までの目安時間:約 8分

 


 午後一時。
 昼休みにコンビニで買ったカツサンドを齧る(かじる)。
 新製品ということで挑戦してみた。


 パサパサのトンカツが口内の水分を奪い、
 口の中で何とも言えない食感に変わる。


 「不味い・・・」


 大抵のものは食べる自信があるが、
 あまりの不味さに辟易とする。


 僕は、口の中のカツサンドの残骸を缶コーヒーで一気に流し込んだ。


 業者は何を考えてこれを販売したんだ?
 後味の悪さを拭うように、
 缶コーヒーでさらに口の中を洗う。


 せっかくの昼休みの楽しみが台無しになった気分だ。
 せめて晩飯は美味いものを食べよう。


 気を取り直し、パソコンデスクに向かう。


 ピコーン、ピコーン、ピコーン。


 三件のメールの受信をパソコンの音声が告げる。
 実は、昼休みの時間には意外にメールの問い合わせが多い。


 おそらく、他の会社も昼休みだからだろうか?


 メールを開くと、
 なるほどサラリーマンと思われる人からのメールだ。
 僕はメールに目を通し返信文を作成していく。


 「珍しく、名前を名乗って、挨拶もしてくれ、
  文章も丁寧なので気持ち良く返信出来るよ。」


 ソファでおにぎりを食べていたK(ケイ)は、


 「それ、貴重なメールですね。
  そんなまともなメール、10人に1人とかしかいませんもんね。」


 苦笑いしながら答えた。
 不味いカツサンドの味はもうすっかり消えていた。


理由の欠如


 インターネットを活用したWEBビジネス。


 年齢や学籍、性別に関係なく、
 すでに多くの人達が月100万円以上の収入を得ている。


 僕のところにも毎日のように、
 嬉しい成果報告が続々と届いている。


 しかし、同時に「未だに稼げない・・・」
 という嘆きのメールも多数寄せられる。


 稼げない理由は様々であるが、
 根本的な問題は、


 「別に稼げなくても困らないから」


 という点にあるのではないかと最近思うようになった。


 稼げなくても困らない。
 なるほど、これは素晴らしいことだ。
 生活が困窮を極めるよりよほど良い。


 しかし、同時にこれこそが
 無意識化で大きな「足枷(あしかせ)」になっている人が多い。


 例えば、あなたが今、
 現役サラリーマンだとしよう。


 そうすると、毎月の給料は当面の間保障されている。


 また、それなりに貯金をしていれば、
 仮にリストラされたり、
 会社が倒産しても突然食うに困ることもない。


 だから、今ひとつ「本気」になれない。


 僕の身近なサラリーマンを見渡しても、
 やはり、このパターンが非常に多い。


 「稼げるようになったらいいなー。
  でも、別に稼げなくてもいいんだよ。
  だって 僕、サラリーマンだもの。」



 いかがだろう?心当たりはないだろうか?
 実は、これがあなたが、
 稼げない本質的な理由かもしれない。


 例えば、ダイエットでも同じことが言えるだろう。


 多くの女性からダイエットの失敗談を聞くが、
 なぜ、ダイエットで失敗するのか?


 「それは、本当に痩せなければならない理由が特にないから」


 ではないだろうか?
 出来れば痩せて、スタイルが良くなりたい。


 だから、定期的にダイエットに挑戦する。


 しかし、明確な「理由」はない。
 せいぜい、「痩せれたらいいなー」程度のもの。
 だから、途中で挫折してしまう。諦めてしまう。


 そして、夏が近づいた頃、
 自分の体型を見つめ直し・・・今年も薄着にならないことを決意する。


 「●●しなくても今、別に困らない」


 実は、これが原因で稼げない人が多いのではないだろうか?


自ら背水の陣へ


 実際、最近流行の無料オファーを眺めていると、


 「借金300万円を元ニートが完済!」

 「生活苦の元アルバイト店員が月収100万円!」

 「会社の倒産からわずか三ヶ月で月商500万円!」


 などの謳い文句が多く見られる。


 もちろん、これらが本当かどうかは知らないが、
 乱暴な言い方をすれば、彼らは稼げて当たり前なのだ。


 いや、「当たり前」と言うと語弊があるが、
 少なくとも稼がなければならない「理由」があった。


 「このままでは普通の生活すらままならない」


 ギリギリまで追い込まれたことにより、
 本気にならざるを得ない理由が出来てしまった。


 追い込まれると動物は、
 本能で実力以上の能力を発揮することが出来る。
 火事場の馬鹿力と言ったりもする。


 だから、短期間で稼ぐことが出来たと考えられる。


 「窮鼠、猫を噛む」


 追い込まれた鼠は猫にだって噛み付く。
 豚だって追い込まれれば、敵に突撃していく。


 追い込まれた動物は、時に信じられない能力を発揮する。


 しかし、僕らは人間だ。


 追い込まれ「なければ」行動できない畜生とは違う。
 万物の霊長、人間だ。


 追い込まれた時、
 信じられない能力が発揮出来るなら、


 自分で自分を追い込めばいい。


 これは、借金をして自分を追い込むとか、
 生活苦になれと言っているのではない。


 それも一つの方法かもしれないがお勧めはしない。


 逆に、あまりに追い込まれ過ぎると、
 能力を発揮出来ないケースもある。


 実際、僕などはあまりに追い込まれればたぶん「逃げる」。


 追い込まれると精神的にも余裕がなくなるし、
 柔軟な発想も出来ないだろうから、
 根性ややる気だけがレベルアップしても効率的とは限らない。


 だから、「精神面」で自分を追い込み、
 潜在能力を引き出すようコントロールする。
 さながら、追い込まれてしまった状況を想定して。


 そして、出来れば精神的に余裕があるうちに、
 精神的に自分を追い込む訓練をした方が良い。


 動物と人間の違い、それは「理性」だ。


 自分を律すること。
 本能に負けず自分をコントロール出来ることだと思う。


 自分自身を、自分で追い込み、
 その状況で目の前の作業に集中する。


 結果としてその方が「楽」なんだ。


 本当に追い込まれてしまってから、
 あなたがポテンシャルを引き出せるかはわからないし、
 引き出すのが間に合わないかもしれない。


 例えば、あなたがリストラされたり、
 会社が倒産した時に、火事場の馬鹿力が
 自由に出せるのなら、そんな心配も要らない。


 ただ、今後の日本経済がどうなるのかはわからない。
 少なくとも良くなることは、あまりないと思われる。


 「最善のものを希望せよ。
  しかし最悪のものに備えよ(西洋のことわざ)」



 自分が本当に追い込まれるまで待つのか?


 それとも、生活や精神にまだ余裕がある「今」、
 自分自身を一度、背水の陣へ
 自ら追い込んでポテンシャルを引き出すのか?


 もちろん、これはあなたが決めることだ。
 しかし、CLUBメンバーとして僕は当然「後者」をお勧めする。


                       UNLIMITED CLUB 小林憲史

追伸 1


 最近CLUBに入会された方は、
 もしかするとご存じない可能性があるので、
 念のためにCLUBで今年最初に配布した「宝の地図」を掲載しておく。

 ▼「億超え」マインドマップ
 ( PDFファイル / ファイルサイズ317,126バイト )
 → http://unlimited-media.jp/web/mindmap.html




 僕らがインターネットを最大限に活用し、
 WEBビジネスで「億超え」を達成するための全体像はここにある。


 是非、プリントアウトし、
 パソコンデスクのよく見える場所に貼っておいて頂きたい。


追伸 2


 先日解禁した最新Wordpressテンプレート。

 ▼Unlimited Template「THE WORLD(ザ・ワールド)」
 → http://www.unlimited-template.com/




 すでに数百名のユーザーが手にし、
 中には「もうこれしか使えません!」という嬉しい声まで。


 今後も随時アップデートを続ける
 弊社自慢の最新Wordpressテンプレート。


 情報教材アフィリエイトだけでなく、
 サイトアフィリエイトや企業のWEBサイト制作まで幅広く活用出来る。


編集後記


 こんにちは、CLUB代表の小林憲史です。


 本日もご愛読誠にありがとうございます。
 今回のお話はいかがだったでしょうか?


 今回のテーマは「自ら背水の陣へ」です。


 背水の陣とは、もう一歩も
 後にはひけないギリギリの状況に身を置いて、
 必死に物事に取り組むことを言います。


 確かに、背水の陣を敷き、
 必死で取り組めば実力以上の成果を出すことも出来るでしょう。


 例えば、借金が数百万円あれば、
 その返済のため必死に働くと思います。


 しかし、僕は必ずしもこの状況をお勧めしません。


 まず、精神衛生上好ましくありません。


 あまりギリギリの状態に追い込まれると、
 体調も崩すかもしれませんし、
 下手をすれば精神の病にかかるかもしれません。


 さらに、ビジネスには柔軟な発想が必要ですが、
 あまりに追い込まれた状態では発想力がなくなります。


 逆に、追い込まれ過ぎて、
 目先の小銭を追い求めてしまうかもしれません。


 大局を観ず、目先の小銭を追っていてはビジネスは発展しません。


 ですから、必ずしも
 背水の陣に追い込まれた状況は
 好ましいとは言えないわけです。


 そこで、僕が提案するのは、


 「背水の陣に追い込まれた状況を想定して取り組む」


 ということです。


 例えば、会社が倒産した場合、
 リストラされた場合などを具体的に想定し、
 その場合、どのような心理状態で取り組むのか?


 このように考え、
 精神的に余裕のある今のうちに
 自分のポテンシャルを最大限に引き出しておくわけです。


 そうすることで短期間で成果を出せる人間になれるでしょう。


 10年後、どうなっているのか?
 これは誰にもわかりません。


 しかし、この激動の時代、
 これからの10年で大きく仕組みは変わっていくでしょう。


 あなたの会社が10年後もある保証などどこにもないわけです。


 ですから、「今」のうちに、
 最悪の事態も想定した行動をとるべきなのです。


 その一つが「自分で稼ぐ力を身に着けること」なのは間違いありません。
 是非、CLUBメンバーとしてこの力は必ず習得しましょう。


 それでは、本日のお話は以上となります。
 次回更新にご期待ください。


 次回更新は、11月7日(木)18時頃を予定しております。



 

マインドセット


 

CLUB代表 小林が実際に教材内容を確認し検証した上で、厳選したCLUB公認のアフィリエイト教材。
現在、小林が推薦出来る教材は数あるアフィリエイト教材の中でこの三つだけ。

平均月収200万の現役アフィリエイターが集結「堅実」に稼ぐアフィリエイト教材の決定版。

LUREA(ルレア)

1日16時間勤務の過酷なサラリーマン時代に生み出した「超効率」サイトアフィリエイト戦略。

アフィリエイトファクトリー

月収8,000万円稼ぎ出す圧倒的な「思考」と「ノウハウ」。「天才」と「鬼才」の叡智が融合。

LFM-TV2012


この記事に関連する記事一覧