儲けの構造|UNLIMITED CLUB【アンリミテッドクラブ】

「UNLIMITED CLUB」メルマガバックナンバーサイト(まぐまぐ!版)

兵(つわもの)どもが夢の跡

読了までの目安時間:約 7分

 


兵(つわもの)どもが夢の跡

 2006年の夏。この二年前に端を発した
 コピペメルマガアフィリエイトが全盛期を迎えた。


 同時に「●●式」「××式」と
 名前だけ変えた情報教材もブレイクし、
 第二次「大コピペ時代」が最高潮に盛り上がった。


 メールボックスを開けば、
 同じ件名のメルマガが列を連ねる。


 「100%確実に月収100万円稼げます!」

 「【重要】不労所得の秘密公開」

 「1億円を受け取る準備は出来ましたか?」


 誇大広告満載の煽り文句と共に、
 大量に送りつけられるスパムメルマガ群。


 機械的に「ある場所」からメールアドレスを収集し、
 コピペメルマガを流すだけで月収100万円稼げた時代。


 2006年の夏。


 一部の人間を除き、誰もが金を稼ぐのは簡単だと思い、
 片手間のコピペ作業をするだけで将来は安泰だと錯覚した年。


 あれから七年。
 彼らのうち一体、何人が今でも稼げているのだろう?


 確かなことが一つある。


 彼らのメルマガが
 全て「廃刊」になっているという純然たる事実だけが。


ノウハウの賞味期限


 世の中には「楽して儲かる」という手法がいくつもある。


 もちろん、その多くは
 詐欺・紛い物であるが、
 実際に「楽して儲かる」手法は存在する。


 冒頭の「コピペメルマガ」もその一つ。


 ASPから送られてくる広告文と
 アフィリエイトリンクをコピペし、
 メルマガを発行するだけで報酬が発生。


 機械的作業のみで稼ぐという手法は存在する。


 賞味期限が短いという欠点があるが、
 2006年頃、確かに一日数分の作業のみで、
 月収数百万円稼いでいた人間はいた。


 しかし、その時代に稼いでいた人間の
 9割は現在、悲惨な状況になっている。


 なぜなら、彼らは「頑張れない」から。


 あまりにも簡単に稼ぐことに慣れてしまい、
 それが永遠に続くかのような錯覚を抱いてしまったから。


 環境が変化した時、
 違和感を感じつつも対応を怠ったから。
 いや、対応する能力自体なかったのかもしれない。


 これは、「コピペメルマガ」に限ったことではない。


 インターネット上には、
 過去数年を見ただけでも
 定期的に「誰でも簡単に儲かる手法」が現れる。


 そして、それらを実践すれば、
 確かに、初心者でも簡単に稼ぐことが出来る。


 問題は、それらの「賞味期限が異常に短い」ということ。
 つまり、使えなくなるのが極端に早いのだ。


日本語ドメインとPPCアフィリエイト


 例えば、「日本語ドメイン」全盛期。


 2007年初期、日本語ドメインが、
 Yahoo!において猛威を振るっていた。

 ※日本語ドメインとは?
  日本語ドメイン名とは国際化ドメイン名(IDN)のうち、
  日本語文字(ひらがな、カタカナ、日本語漢字など)に
  よって表現されたドメイン名である。
  例えば、「アフィリエイト」は「xn--cckcdp5nyc8g」となる。
  以下のサイトで変換可能。 http://n7.com/japanese/



 単に日本語ドメインで
 アフィリエイトサイトを作るだけで、
 検索エンジンでガンガン上位表示可能。


 コンテンツの質など無視で、
 日本語ドメインというだけで検索エンジン上位を独占出来た。


 この時期、あまりに簡単に
 月収100万円以上稼げてしまい、
 サラリーマンをやめてしまった人もいた。


 しかし、数ヶ月後、
 Yahoo!による「日本語ドメインの一斉排除」。


 今度は逆に、「日本語ドメイン」というだけで、
 検索エンジンで一切の上位表示が出来なくなった。


 以後数年にわたりYahoo!では日本語ドメインは効力を失った。


 これも当然、一時期の
 Yahoo!の「バグ」に過ぎなかったので、
 当然のこととして対策がされたのだ。


 一時のバグに踊らされて、
 サラリーマンをやめてしまった彼らが、
 その後どうなったのかは誰も知らない。


 他にも「PPCアフィリエイト」黎明期。
 数年前、PPCアフィリエイトで速攻で稼ぐ手法が流行した。


 今では考えられないかもしれないが、
 アフィリエイトリンクをそのままPPCに
 出稿出来る時代があった。


 LPOなど一切不要。
 管理画面にログインしてアフィリリンクを出稿するだけ。
 たったそれだけで月収何百万円も稼げる時代があった。


 その後、アフィリリンクの出稿が出来なくなり、
 生き残りをかけたアフィリエイターは、
 一枚もののペラサイトにアフィリリンクのみを貼り、
 出稿するという手法に移行する。


 しかし、現在ではこの手法もほとんどが対策されている。


 そのため、彼らのほとんども
 現在、WEBビジネスで稼げなくなっている。


 コピペメルマガ、日本語ドメイン同様に、
 あまりに楽に稼ぐことに慣れてしまったから。


 一時のバグが永遠に続くと錯覚してしまったから。


 そして、突然手にした大金を浪費し、
 翌年やってくる「多額の税金」が見えていなかったから。


本物の稼ぎ方


 2006年~2008年頃はWEBビジネスの過渡期だった。


 黎明期に比べ、情報教材の質は上がり、
 説明も図解入りの丁寧なものが増えていた。


 すなわち、PCスキルが低くても、
 誰でもWEBビジネスに取り組める環境が出来つつあった。


 しかし、WEBのサービスはこれについてこれていなかった。


 当時の情報教材で紹介される手法の多くは、
 いわゆる「サービスの隙間」を突いたもので、
 サービス運営者はこれらの裏ワザに対策が出来ていなかった。


 だから、彼らが楽に儲けることを許してしまった。


 それはただの「金儲け」で、
 決して「ビジネス」ではなかったのだ。


 では、2013年現在のWEBビジネスを取り巻く環境はどうだろう?


 少なくとも以前のように「隙間」を
 突いた裏技的手法はほとんど使えない。


 もちろん、TwitterやFacebookなど
 新しいサービスが現れるタイミングで、
 その「隙間」を突いた手法を大先生が公開することはある。


 しかし、当然それらはすぐに対策される。


 僕の印象では以前に比べて、
 対策までのスパンが非常に短くなった気がする。


 要は、現在は「楽に稼ぐことが出来なくなった」のだ。


 この現象を「後発組は稼げない」という
 言い訳にすり替えることは出来るかもしれない。
 しかし、そうではない。


 賢明なCLUBメンバーのあなたなら、
 わかるようにあの過渡期の時代が異常だっただけなのだ。


 日本のバブル期と同じで、
 たまたま異常に儲かる時代があっただけで、
 それ自体が、実は異常な現象だったのだ。


 だから、僕らは感謝しなければならない。


 異常な時代ではなく、
 まさに「今」という時代にWEBビジネスが出来ることを。


 楽に儲かる手法が永遠に続くかのような錯覚を
 抱いてしまう過渡期ではなく「今」、
 WEBビジネスに取り組めることを喜ばなければならない。


 単発で大きく稼げたところで意味はない。
 稼ぎ「続けること」にこそ意味がある。


 楽して、簡単に儲けたいなら「隙間」を突くしかない。


 しかし、仮にその手法を見つけても、
 残念ながら隙間はすぐに埋められる。
 これはすでに歴史が証明している。


 単発ではなく、安定して稼ぎ続けるために、
 僕らCLUBメンバーは本当の意味で
 「稼ぐ力」を身に着けなければならない。


 そうすれば、今後インターネットに
 どのような変化が訪れても柔軟に対応することが出来るだろう。


 それこそが本当の意味で「本物の稼ぎ方」なのだ。


 一ヵ月しか使えない月収1000万円稼ぐ方法よりも、
 毎月、月収100万円稼ぎ続けることが出来る方法を。


 僕らCLUBメンバーは、そういったスタイルを目指して行こう!


                       UNLIMITED CLUB 小林憲史

編集後記


 こんにちは、CLUB代表の小林憲史です。


 本日もご愛読誠にありがとうございます。
 今回のお話はいかがだったでしょうか?


 今回のテーマは「兵(つわもの)どもが夢の跡」です。


 インターネット上には
 初心者でも、楽して、簡単に儲かる情報があります。


 その多くは詐欺であり紛い物です。
 実践したところで稼ぐことが出来ません。


 しかし、本編でお話ししたように
 WEBサービスの「隙間」を突いた手法の場合、
 確かに、簡単に稼ぐことが出来ます。


 僕もすでに八年、
 WEBビジネスに携わってきましたが、
 そういう手法を何度も目にしてきました。


 そして、今後も何か新しいサービスが
 生まれれば、その隙間を突いた手法が販売されるでしょう。


 しかし、そんな情報を目にしても
 無視する勇気をCLUBメンバーには持って欲しいと思います。


 それら即金系情報は、
 とにかく異常に賞味期限が短いのが特徴です。


 僕の経験上、情報教材や塾として
 販売された時点で賞味期限は終了でしょう。


 誰でも簡単に出来るということは、
 市場がすぐに飽和してしまうという
 ごくごく当たり前のロジックなわけです。


 1000人が同じコピペメルマガを流せば、
 あなたのメールボックスがどうなるかは容易に想像出来ますね?


 ですから、今後そういった
 隙間を突いた手法を見かけても
 出来るだけ無視する勇気を持つ。


 そして、仮に挑戦し、
 万一その方法で稼げたとしても、
 あくまで一過性のボーナスに過ぎないと強く意識してください。


 重要なのは、本当の意味で、
 稼ぎ続ける力を身に着けることなのですから。


 それでは、本日のお話は以上となります。
 次回更新にご期待ください。


 次回更新は、7月11日(木)18時頃を予定しております。



 

人生哲学


 

CLUB代表 小林が実際に教材内容を確認し検証した上で、厳選したCLUB公認のアフィリエイト教材。
現在、小林が推薦出来る教材は数あるアフィリエイト教材の中でこの三つだけ。

平均月収200万の現役アフィリエイターが集結「堅実」に稼ぐアフィリエイト教材の決定版。

LUREA(ルレア)

1日16時間勤務の過酷なサラリーマン時代に生み出した「超効率」サイトアフィリエイト戦略。

アフィリエイトファクトリー

月収8,000万円稼ぎ出す圧倒的な「思考」と「ノウハウ」。「天才」と「鬼才」の叡智が融合。

LFM-TV2012


この記事に関連する記事一覧