儲けの構造|UNLIMITED CLUB【アンリミテッドクラブ】

「UNLIMITED CLUB」メルマガバックナンバーサイト(まぐまぐ!版)

創設者 小林憲史【Kobayashi Kenshi】プロフィール 5

読了までの目安時間:約 5分

 


創設者 小林憲史【Kobayashi Kenshi】プロフィール 5

 朝起きると毎日報酬が発生している。


 しかも、以前ほど寝る間を惜しんでの作業じゃない。
 作業時間は明らかに減っている。


 にも関わらず、僕の口座には、
 毎月40~50万円振り込まれている。


 新卒サラリーマンの初任給15万円。


 僕は、彼らの半分以下の労働時間で、
 彼らの3倍以上の月収を稼げるようになっていた。


人生初セミナー参加


 ブログアフィリエイトにも慣れ、
 日々の作業もルーチン化出来るようになっていた。


 そんな時、当時懇意にしていた
 起業家さんから、


 「東京でセミナーを開催するんですが、
  良かったら来ませんか?
  もちろん、参加費用は無料でいいですよ」


 とお誘いを受けた。


 僕は岡山在住だし、
 そもそも生来の出不精だ。
 わざわざ東京まで行くのは面倒くさい。


 しかし、興味はある。


 さらに、僕の直観が、
 「このセミナーには参加した方が良い」
 と告げていた。


 僕は思い切って、人生初の
 ネットビジネスセミナーに参加した。


 セミナーの内容自体は普通だった。


 特に目新しい情報や
 特別なノウハウが語られたわけじゃない。


 しかし、驚いたのは「参加者」だ。


 主催者はもちろんのこと、
 参加者の9割がすでに月収100万円以上を
 当たり前のように稼いでいる現役プレイヤーばかり。


 僕は圧倒された。


 セミナー後の懇親会で、
 彼らと話し、その「空気感」を感じた。


 稼いでいる人間、
 稼げる人間特有のオーラ。


 僕は、今、多くの人に
 セミナー参加を勧めているし、
 僕自身もセミナーを開催し人を集めているが、
 この「空気感」を感じるためというのが大きい。
 (※もちろん、詐欺セミナーも多いので注意は必要)


 セミナー講義自体ももちろん重要だろう。


 しかし、それよりも
 彼らの「空気感」を肌で感じ、
 それを「当たり前」だと思うこと。


 そうすれば、目の前の「壁」が壊しやすくなる。


 いや、自分が「壁」だと思っていたものが、
 壁でも何でもないことに気づくのかもしれない。


疑わない事、それが強さ


 事実、人生初セミナー参加の翌月、
 僕の月収は「100万円」を超えた。


 「死ぬ気」でアフィリエイトをやると
 決めてから、わずか半年後のことだった。


 前述したが、特別な情報を知ったからじゃない。


 ただ、月収100万円稼げる連中の
 「空気感」を肌で実際に感じて、
 当たり前のことだと認識出来たからだ。


 これも一種のマインドセットかもしれない。


 人気漫画「ワンピース」の作中で、
 冥王シルバーズ・レイリーはこう言っている。


 「疑わない事、それが強さだ」


 そう、疑わない事。
 月収100万円稼ぐことが普通のこと。


 そう感じることが出来れば、
 月収100万円というのは別に難しくないんだ。


 セミナー参加の意義はここにあると思う。


 ほんの半年前まで、
 稼げないと嘆いていたアフィリエイト。


 自分の無能さを
 他人のせいにして言い訳していた自分。
 自己弁護に必死だった自分。


 そんな自分を振り返り、恥ずかしく思う。


 しかし、半年でついに月収100万円達成。
 これで一つの山は越えた。


 月収100万円が果たして凄いのか凄くないのか?
 これは、様々な意見があると思う。


 しかし、僕の中では、
 このラインが一つの「節目」ではあった。


 月収100万円を超えたら「情報起業」に挑戦。


 僕は、これまで先送りにしていた
 情報起業にやっと挑戦することが出来る。


情報起業へ


 当初の「ゴール」に設定していた情報起業。


 情報起業とは、
 情報販売・コンテンツビジネスとも呼ばれ、
 読んで字のごとく「情報で起業すること」。


 つまり、情報・ノウハウを販売して稼ぐビジネスだ。


 少し前に流行った「ビリーズブートキャンプ」。
 それから、「ユーキャン」の
 通信講座なんかも情報商材の一つと言えるだろう。


 一年前の僕には、
 他人に売れる情報なんかなかった。
 (※厳密には、売れる情報はあったのに気づいていなかった)


 しかし、今の僕には、
 自力で月収100万円稼いだという
 確かな実績とそれを実現するノウハウがある。


 当時は、メルマガアフィリエイト全盛期。


 右も左もメルマガ商材を
 販売して煽りまくっていた。


 僕のノウハウは「ブログアフィリエイト」。


 メルマガブームだからこそ、
 僕は、逆に自分のノウハウがイケる!と思った。


 そして、2006年9月21日。


 満を持して、処女作を販売開始した。
 タイトルは、


 「ブログアフィリエイト最終奥義【爆転】」


 中二病臭いタイトルだが、
 こういう子供っぽいところが個人的に好きだ。


 実はこの日、僕のインタビューが
 掲載される「週刊 SPA!」の発売日でもあった。
 (※だからこそ、発売日をこの日に設定した)


 僕の予想通り、雑誌からも
 かなりのアクセスが殺到し、
 商材は、売れに売れまくった。


 そして、この月、
 僕の月収は「300万円」を超えてしまった。


 当時、友人の年収が280万円だったとき、
 僕の「月収」は、彼の「年収」を超えるまでになった。


 僕の起業家デビューは、
 一応、成功したと言っていいだろう。


 ほんの一年前まで、言い訳ばかりして、
 楽に稼げる方法ばかり模索していた自分。


 あの馬鹿な自分は、もういない。


 自分で稼ぐ力を身に着け、
 国にも会社にも依存せず生きていく。


 自分の行動に責任を持ち、
 決して他人のせいにはしない。


 だから、もし、これから先歩けなくなったって構わない。


 パソコン一台あれば、
 僕は、自力で稼ぐことが出来るんだ。


 ネットビジネスとの出会いは、
 僕の収入を変えただけじゃない。


 人として、男として、
 世間知らずで甘ちゃんだった僕を、
 ネットビジネスは、一回り大きく成長させてくれた。


 ほんの少しの勇気を出し、自分の「限界」に
 挑戦し続けるだけで、あなたの人生は変わる。


 いや、あなた自身の「思考」が変わる。


 ネットビジネスの目的はもちろん「稼ぐ」こと。
 それは、至極当然で真っ当なこと。


 しかし、稼げるようになるまでの
 「プロセス」も非常に重要だと、僕は思う。


 そのプロセスの中で、人間的に「成長」していく楽しみ。


 それを僕らのような凡人でも、
 ほぼノーリスクで、体験出来る。


 これがネットビジネスの素晴らしさじゃないだろうか?


 稼ぐこと「だけ」を目的にすると、
 ちょっとした失敗ですぐに心が折れる。
 ちょうど、昔の僕がそうだったように。


 だから、「稼ぐ」ことだけではなく、
 「成長」ということを意識することも重要だと思う。


 自らが変わらなければ、
 仮に稼げたところで人生は豊かにならない。


 僕のようなパソコンど素人の凡人でも
 わずか一年足らずで人生を変えられた。


 次は、あなたが人生を変える番だ。


 ただ稼ぐことだけではなく、
 そのプロセスを楽しみながら進んで行こう!



 

創設者プロフィール


 

CLUB代表 小林が実際に教材内容を確認し検証した上で、厳選したCLUB公認のアフィリエイト教材。
現在、小林が推薦出来る教材は数あるアフィリエイト教材の中でこの三つだけ。

平均月収200万の現役アフィリエイターが集結「堅実」に稼ぐアフィリエイト教材の決定版。

LUREA(ルレア)

1日16時間勤務の過酷なサラリーマン時代に生み出した「超効率」サイトアフィリエイト戦略。

アフィリエイトファクトリー

月収8,000万円稼ぎ出す圧倒的な「思考」と「ノウハウ」。「天才」と「鬼才」の叡智が融合。

LFM-TV2012


この記事に関連する記事一覧