儲けの構造|UNLIMITED CLUB【アンリミテッドクラブ】

「UNLIMITED CLUB」メルマガバックナンバーサイト(まぐまぐ!版)

飲み会参加のすゝめ

読了までの目安時間:約 9分

 


飲み会参加のすゝめ

 ある土曜日の夕方。
 ここは、大阪黙々会のアジト、通称「シャンドラの鐘」。


 共に「億超え」を目指す同志が集う場所。


 時に学び、時に競い、
 時に助け合う者達。


 僕らに時間や曜日は関係ない。
 毎日がビジネス・投資のための武者修行の旅だ。


 そして、セミナーや勉強会の
 懇親会として開催される【宴-UTAGE-】。


 講師を囲んで立食パーティーの形式で開催されるため、
 講師陣の周りには、すでに人だかりが出来ている。


 次々に運び込まれる
 豪華な食材にビール、ワインなど多種多様なお酒。


 すでに「億超え」を達成した者も、
 これから「億超え」を目指す者も、
 盃を交わし、今後のビジネス・投資の話に花を咲かせる。


 ある者は、ビジネスパートナーを見つけ、
 またある者は、現在ぶち当たっている壁の相談をする。


 酒の勢いも手伝ってか、
 普段は決して聞けないような裏話まで飛び交っている。


 【対面で人に会う】


 これ自体が僕は一つの極意ではないかと考えながら、
 コップに残ったビールを一気に飲み干した。


空気感を感じる


 ご存知の方も多いが、僕は生来の「出不精(でぶしょう)」。


 ほんの少しの距離でも、
 とにかく外に出るのを嫌がる。


 ノマドとは全く逆のライフスタイルを求めている。


 しかし、そんな僕でも
 定期的にセミナーや懇親会に足を運ぶ。


 先日も大阪心斎橋で開催された
 大阪黙々会の懇親会のためだけに大阪に行ってきた。


 なぜ真性の出不精である僕が、
 不定期とはいえ様々な場所に足を運び、
 セミナーや懇親会に参加するのかと言うと、


 「空気感を感じるため」


 一言で言えば、これの占める割合が大きい。


 もちろん、セミナーや懇親会で
 実際にお会いすることでビジネスパートナーになったり、
 新しい事業のアイディアが生まれたりというメリットもある。


 メールのやりとりでは見えなかった部分が、
 対面で話をすることでスムーズに進むのは当然。


 これらのメリットはもちろんであるが、
 出不精の僕が足を運ぶ大きな理由は、


 「空気感を感じるため」


 ということが大きい。


 現代はインターネットのおかげで、
 自宅にいても多くの情報を収集することが出来る。


 検索して調べることも出来るし、
 必要な資料もAmazonや楽天ブックで購入出来る。


 ノウハウも情報教材や
 セミナー動画を観ることで得ることが出来る。


 しかし、「空気感」だけは残念ながら感じることが出来ない。
 少なくとも現在のテクノロジーでは不可能。


 そして、実は、
 僕らが「億超え」を達成するためには、
 この「空気感」という部分が重要なウェイトを占めることがある。


初心者(ルーキー)こそ対面で


 例えば、僕はWEBビジネスの初心者(ルーキー)に
 出来るだけ早い段階で、
 稼いでいる人に「会う」ことを勧めている。


 これは実際に会って、
 特別なノウハウやテクニックを
 教えてもらえということではない。


 対面で稼いでいる人に会うことで、
 その人が身に纏っている(まとっている)
 空気感を感じてもらうためである。


 そして、出来ればセミナーより
 懇親会などの「飲み会」で会うことをお勧めする。


 なぜなら、セミナーの場合、
 あくまで「講師」と「参加者」という立場のため、
 どうしても物理的・精神的に距離がある。


 しかし、飲み会であれば、
 上手くすれば隣の席に座ることも可能。


 さらに、お酒が入っていれば、
 もっとザックバランに会話も出来る。


 そのため、よりリアルに
 稼いでいる人の雰囲気を感じることが出来る。


 もちろん、酒が苦手であるとか、
 極度の人見知りであるなどで
 参加を躊躇するケースもあるかもしれないが、
 初心者(ルーキー)の場合、一度は参加することをお勧めする。


 稼いでいる人と身近で話すことで、
 メンタルブロックを容易に外すことが出来るだろう。


 自宅で孤独にパソコンに向かっていると、
 ついつい「本当に稼げるんだろうか?」という
 不安に駆られることもあるだろう。


 しかし、すでに稼いでいる人に
 対面で会っておけば、この不安も軽減される。


 なぜなら、すでに稼いでいる人を目の前で見ているのだから。


潜んでいる問題の顕在化


 もちろん、稼げるようになってからも
 懇親会などの飲み会に参加することで、
 空気感を感じることが重要になる。


 飲み会に参加すると、
 稼いでいる人だけでなく様々な「空気感」を感じることが出来る。


 例えば、僕が先日参加した大阪の【宴-UTAGE-】。


 そこには、世界中を舞台に活躍する投資家、
 ビジネスで「億超え」を達成した起業家などの
 いわゆる「稼いでいる人」も参加しているし、


 逆に、ノウハウコレクターと化し、
 高額塾を渡り歩くも全く稼げていない人、
 自分がどこに向かっているのかわからない人などの
 いわゆる「稼げない人」も参加している。


 つまり、様々なレベルの人が参加しているので、
 それぞれが纏っている(まとっている)空気感を感じられる。


 特に、僕のように教材を
 販売している側の人間からすると
 「稼げていない人」の空気感を知ることは非常に重要になる。


 実際、多くの「稼げていない人」は、
 自分が実際は、なぜ稼げないのかを理解出来ていないことが多い。


 自分では「作業量が足りていないから」
 稼げていないと思っていても、
 実は、もっと別のところに原因があったりする。


 しかし、その「本当の原因」に気づくことが出来ず稼げない。


 そして、残念ながら、
 本人も本当の原因を自覚していないので、
 顕在化しにくく、メールなどでは、
 僕のところまで届くことが非常に稀である。


 ところが、このような飲み会の席で
 対面で話すと一気に問題解決ということも少なくない。


 実際、先日の【宴-UTAGE-】でも、
 僕と少し話した後、


 「憑き物が落ちたようにスッキリしました」


 という有難い言葉も頂いた。


 そして、僕自身も
 まだ稼げていない人の悩みが
 どういう部分にあるのかをまた知ることが出来た。


 これも対面でお会いしたからこそわかったこと。


 だから、僕はCLUBメンバーにも、
 出来るのであればセミナーだけでなく、
 懇親会や飲み会にもたまには足を運ぶことをお勧めしたい。


 そうすることで自分自身の悩みや問題が
 あっという間に解決してしまうかもしれないし、
 教材提供者にとっても顕在化しにくい問題点を
 炙り出すことが出来る。


 もちろん、セミナーや懇親会に
 参加すること「自体」が目的となるのは避けなければならない。


 自己啓発オタク君や成功哲学オタク君は、
 参加それ自体が目的となってしまい、
 参加する度にモチベーションを上げて、
 また下がった頃に参加して・・・を繰り返している。


 これには全く意味がない。
 (※本人たちは幸せなのかもしれないが)


 あくまで参加するイベントは厳選すること。
 これは大前提。


 その上で、顔の見えないインターネットビジネスだからこそ
 対面で会える場所に足を運ぶということは重要なファクターだと思う。


 今まで一度も参加したことがないという場合は、
 何か機会があれば一度、検討してみても良いだろう。


 僕自身が、あるセミナー参加を機に
 ブレイクスルーを果たしたのと同様に、
 そこへの参加があなたのブレイクスルーのきっかけになるかもしれない。


                       UNLIMITED CLUB 小林憲史


追伸


 弊社教材購入者限定で
 参加出来る無料セミナー「Unlimited Seminar」の開催が、
 約一年ぶりに決定した。


 ▼アンリミテッドアフィリエイト Ver.1,5
 → http://www.unlimited-affiliate.com/




 今回で5回目となる購入者限定無料セミナー。
 会場は、希望の多かった北海道札幌市。


 すでに参加したことがる方はご存じだと思うが、
 当然、会場での高額商品の押し売りは一切ない。


 セミナーの詳細は以下。


 ●セミナー名:第5回「Unlimited Seminar」

 ●開催日:2013年7月27日(土)14時~17時

 ●参加費:無料

 ●会場:札幌



 そして、第5回「Unlimited Seminar」の
 セミナー講師をしてくださるのは、


 ●講師:若林祥貴さん
  講義:「1カ月で860万円売り上げた
      プロモーションアフィリエイト手法」
     「カルマと反動」
  販売教材:プロモーションクリエイター塾
  http://unlimited-media.jp/web/promot.html

 ●講師:佐藤亜子さん(HN:よしおりさん)
  講義:「今日からライティング上手な人になるために」
  販売教材:カウンセリングライティング
  http://unlimited-media.jp/web/counseling-writing.html

 ●講師:及川慶則さん(HN:エンタメさん)
  講義:「100万円稼ぐ究極のブログ戦略」
  販売教材:エンタメブログ魂~人気ブロガー養成スクール~
  http://unlimited-media.jp/web/entameblogsoul.html

 ●講師:林雅俊さん(HN:椿さん)
  講義:「アンリミノウハウを進化させ、
      あらゆる手法で毎年安定して年収1000万円稼ぐ方法」
  販売教材:金運成就2
  http://unlimited-media.jp/web/kinun37-2digest.html




 セミナー講師は以上4名。


 今回は、4名全員が、
 アフィリエイターとしてだけでなく、
 インフォプレナーとしても活躍している実力派の方々ばかり。


 すでに僕も当日のセミナー内容が気になって仕方ない。


 また、当日会場には、
 名作「アフィリエイトファクトリー」の作者で、
 月数千万円稼ぎ出す現役のサイトアフィリエイター
 今井和人氏(HN:たいようさん)も駆けつけてくれる。

 http://unlimited-media.jp/web/afreview.html



 他にも月収数百万円クラスの
 起業家・アフィリエイターも参加予定。


 本当に稼いでいる起業家、
 アフィリエイターは滅多に表に出てこないので、
 懇親会などで思い切って質問をぶつけるのも良いだろう。


 セミナー参加条件は、
 弊社教材「アンリミテッドアフィリエイト」を購入し、
 募集の際に購入者通信に登録していること。


 ▼アンリミテッドアフィリエイト Ver.1,5
 → http://www.unlimited-affiliate.com/




 東京会場などは、
 募集開始から数秒で満席になるが、
 今回は、地方都市なのでさすがにそこまで早くはないと思う。


 とはいえ、
 セミナー会場も東京ほど広くはないので、
 どのぐらいのスピードで満席になるかわからない。


 無料セミナー参加を希望される場合、
 いち早く購入者通信に登録することをお勧めする。


 先行募集はすでに終了したが、
 今月下旬に10名程度追加募集するので、
 参加を希望される場合、募集までに購入者通信の登録をして頂きたい。


 ※本メールは、公式メルマガであり購入者通信ではありません。


編集後記


 こんにちは、CLUB代表の小林憲史です。


 本日もご愛読誠にありがとうございます。
 今回のお話はいかがだったでしょうか?


 今回のテーマは「飲み会参加のすゝめ」です。


 僕自身、初心者(ルーキー)の頃、
 あるセミナーと懇親会に参加して、
 月収が翌月二倍になったという経験があります。

 ▼小林憲史【Kobayashi Kenshi】プロフィール 5
 → http://www.unlimited-media.jp/profile/profile5.html




 これも今回お話しした
 「空気感」を感じることが出来たからに外なりません。


 稼いでいる人に会うことで、
 一気にメンタルブロックが外れ、
 翌月から月収100万円以上稼げるようになりました。


 そして、残念ながら、
 こればかりは、どれだけ優秀な教材でも
 セミナー動画でも伝えきることは出来ません。


 だからこそ、機会があれば、
 何かのイベントに参加して、
 稼いでいる人の空気感に触れて欲しいと思います。


 そして、その際には、
 参加する「目的」をはっきりさせてから
 参加することをお勧めします。


 特に目的を持たずに
 なんとなく参加するのであれば、
 早めに帰宅してパソコンに向かった方が稼げるでしょう。


 そうではなく、
 せっかく参加するのであれば、
 自分の中で目的意識を持ち参加をする。


 そうすることで、
 一見するとただの飲み会が、
 あなたにとってブレイクスルーのきっかけにもなり得るわけです。


 たかが飲み会、されど飲み会ですね。


 それでは、本日のお話は以上となります。
 次回更新にご期待ください。


 次回更新は、6月20日(木)18時頃を予定しております。



 

講演会・セミナー


 

CLUB代表 小林が実際に教材内容を確認し検証した上で、厳選したCLUB公認のアフィリエイト教材。
現在、小林が推薦出来る教材は数あるアフィリエイト教材の中でこの三つだけ。

平均月収200万の現役アフィリエイターが集結「堅実」に稼ぐアフィリエイト教材の決定版。

LUREA(ルレア)

1日16時間勤務の過酷なサラリーマン時代に生み出した「超効率」サイトアフィリエイト戦略。

アフィリエイトファクトリー

月収8,000万円稼ぎ出す圧倒的な「思考」と「ノウハウ」。「天才」と「鬼才」の叡智が融合。

LFM-TV2012


この記事に関連する記事一覧