儲けの構造|UNLIMITED CLUB【アンリミテッドクラブ】

「UNLIMITED CLUB」メルマガバックナンバーサイト(まぐまぐ!版)

消える存在、消えない存在

読了までの目安時間:約 10分

 


消える存在、消えない存在

 そういえば、ここ一ヶ月ほど、
 彼のメルマガが届いていない気がする・・・


 少し前までは、日に三通、多い時で五通は
 届いていたメルマガがピタリと来なくなった。


 メールの不達だろうか?
 それとも、単に見落としただけだろうか?


 解除した記憶もないので、
 不審に思いK(ケイ)に聞いてみるが、
 僕と同様、メルマガが来ていないと言う。


 僕は、ブラウザを起動させ
 ブックマークから彼のブログを探し、
 メインブログのURLをクリックする。


 すると・・・


 「404 not Found(要求されたページが見つかりません)」


 エラーコードが表示され、
 もはや彼のブログが存在していない事を告げる。


 そうか、彼も消えたか・・・


 僕は、彼のブログURLを
 ブックマークから削除し、通常の業務に戻る。


 彼は最後まで気づかなかったのだろう。
 WEB世界で稼ぎ続けるために不可欠な「思考」に・・・


消える存在、消えない存在


 僕もWEB世界に降臨してから早七年。
 会社自体も六期目に突入した。


 その間、多くの「消えていく人」を見てきた。


 消えていく人・・・すなわち、
 WEBビジネス自体を諦めて、
 この業界を去っていく人達だ。


 全く稼げず消えて行く人もいれば、
 一瞬だけ派手に稼いで消えていく人。
 そして、勉強熱心なだけで何も行動せず消える人。


 様々な「消える人」をリアルタイムで目撃してきた。


 そういった「消える人」の共通点は、
 おそらく「これ」を知らないから、
 若しくは、気づいていないからだと思う。


 これは、「●●教材を持っていない人は、
 今後稼ぐことは出来ません!」とか、
 「××塾生以外は今後稼げません!」といった
 低次元でチープなレベルの話ではない。


 もっと本質的で、
 知らない人は一生知らないであろうレベルの話。


 それを今日、CLUBメンバーには公開しておこうと思う。


 今後、WEB世界で圧倒的に
 稼ぎ続けるために必要不可欠な意識。


 それは、


 「メディア運営者であるという意識」


 これが今後ますます不可欠になるのは間違いない。


 この「メディア運営者」としての意識は、
 ブログとメルマガを連動した
 情報教材アフィリエイターのみならず、
 サイトアフィリエイターにもこの意識は必要だろう。


 僕は、しばしば「WEBメディア」という
 キーワードをメルマガで多用するが、
 そもそも「メディア(media)」とは何だろう?


 Wikipediaによると


 「メディア(media)とは、情報の記録、伝達、
  保管などに用いられる物や装置のことである。
  媒体(ばいたい)などと訳されることもある。
  記録・保管のための媒体とコミュニケーションのための
  媒体とに大別することができるが、両者には重なりがある。」
 (※ http://unlimited-media.jp/web/wikimedia.html


 とされている。


 少し格式ばって書かれているので、
 わかりにくいかもしれないが、
 代表的なメディアとしては「テレビ」。


 説明するまでもなくマス向けメディアの代表格だ。


 テレビは、「テレビ番組」という形で、
 情報を発信したり、コンテンツを提供している。


 そして、その代わりに
 CMという形で「広告枠」を用意し、
 広告収入を獲得するというビジネスモデルだ。


 どうだろう?


 勘の良い人なら気づいたかもしれないが、
 このモデル、「アフィリエイト」に凄くよく似ている。


 コンテンツを提供し、集客。
 そして、その中で広告枠を設け、キャッシュポイントとする。


 そう、今後、僕らがWEB世界で生き残るためには、
 テレビのような「メディア」を運営する
 メディア運営者としての意識が不可欠になると思う。


WEB「メディア」運営者の流儀


 メディア運営者であるという意識を持つと、
 ブログやメルマガなどのWEBメディアを
 運営する際の意識がガラリと変わる。


 例えば、「テレビ」というメディアを例に考えてみよう。


 あなたがテレビを見るのは、
 何かしらのお気に入り番組があったり、
 好きな芸能人が出演しているという理由ではないだろうか?


 もちろん、なんとなくテレビを
 つけておくだけ・・・ということもあるだろうが、
 大抵の場合、何かしら目的となる番組が
 あるからテレビをつけ、チャンネルを変えるはずだ。


 それは、ドラマかもしれないし、
 ニュースかもしれないし、
 バラエティーかもしれない。


 では、仮に「CMのみ」のチャンネルがあったらどうだろう?


 延々とCMのみが垂れ流され、
 番組と言えるコンテンツはなし。


 おそらくそんな番組を見るために、
 わざわざ貴重な時間を割こうとは思わないだろう。


 この点から考えると、


 「ヤバい教材が発売になりました!」

 「この教材を買わない人はセンスがありません!」

 「最強のありえない教材が出ました!」



 という情報のみを連日連夜、
 自身のWEBメディアで発信することは、
 少なくともメディア運営者の意識からはかけ離れている。


 なぜなら、それはCMのみの番組を
 放送し続けているのと同じだから。


 中には、


 「良い教材しか紹介しません(キリッ!)」


 ということもありえるだろうが、
 残念ながらほとんどの場合、
 ただのエクスキューズ(言い訳)に過ぎない。


 僕の知る限り、一ヶ月間毎日、
 そんな高レベル教材が発売されているとはとても思えない。


 少なくとも僕がCLUBメンバーに、
 全力でお勧め出来るレベルの教材は、
 年に一、二個あるかないか。


 もちろん、WEBメディアを運営するのは、
 ボランティアをしているのではなく、
 ビジネスとして運営しているはずだ。


 だから、アフィリエイト広告を設置し、
 広告収入を稼ぐこと自体は何ら問題はないし、
 そうでなくては経済活動など出来ないだろう。


 収益があるから有益なコンテンツを作り、
 より役立つ情報を発信出来るのは言うまでもない。


 逆に、収益がなければ、
 有益なコンテンツを作るのは難しいし、
 モチベーションも湧きにくいだろう。


 結果として、良くないスパイラルに陥る。
 (※これは昨今のテレビ離れを見れば容易に想像できる)


 しかし、良いコンテンツがなければ、
 広告枠に価値がないのもまた事実。


 卵が先か鶏が先かのようであるが、
 WEBビジネス初心者(ルーキー)はまず、
 有益なコンテンツを構築することが最優先。


 陳腐な表現かもしれないが「先に与える」ということ。


 先に価値を提供し、
 その後、「収益」がついてくると強く意識する。


 そのためには、視聴者(読者・訪問者)にとって、
 役立つ・おもしろい・勉強になるコンテンツを作ることが最優先なのだ。


プロダクト・プレイスメント(Product Placement)


 では、価値あるコンテンツが出来たとして、
 どのようにして「広告」を設置するべきだろうか?


 一つには、単純に商品をメディア上で紹介するということ。


 若しくは、広告枠を設けて、
 広告枠の中で商品紹介を行う。


 これがシンプルな方法だし、誰でも可能だろう。


 もう一つの考え方は、
 アドバテイメントの形式を採用するということ。


 アドバテイメントとは、
 エンターテイメントの要素を
 取り入れた広告のことを言う。


 テレビでも雑誌でも純粋な「広告」というものは反応が低い。


 前述したが、多くの人は、
 わざわざ広告を見たいとは思わない。


 逆に、一見広告に見えない
 タイアップ広告の方が反応を得ることが出来る。


 だから、僕らWEBメディア運営者も、
 例えば、プロダクト・プレイスメントの手法を
 研究しブログやメルマガの運営に採用する必要がある。

 ※プロダクト・プレイスメント(Product Placement)
  プロダクト・プレイスメントとは広告手法の一つで、
  映画やテレビドラマの劇中において、
  役者に特定の商品を絡ませるやり方。

  現在はCM飛ばし等の流行により、テレビ番組だけでなく
  CMの効力そのものが急降下している為、新たな宣伝手段として
  日本でもようやく活発化し始めた。P.P.とも呼ばれる。
 (※ http://unlimited-media.jp/web/wikiproductplacement.html


 従来のようにテレビ番組の間に
 広告を挟むのではなく、テレビ番組の「中」で、
 俳優や女優に、実際にスポンサーの商品を使ってもらう。


 そうすることにより、実際の商品の使用感や
 使える場面を自然な形で、
 プロモーション出来るというメリットがある。


 つまり、これをWEBに当てはめると、
 自然な形でWEBメディアの中で商品を紹介するということ。


 「コンテンツに広告を溶け込ませる」


 ・・・と言えばわかりやすいだろうか?


 これは、ブログメディアでも
 メルマガメディアでもサイトメディアでも同じこと。


 こういった考え方が必要だろう。


 少なくとも「ニュース型」メディアは、
 今後99%の人は反応が取れず稼げなくなる。


 ニュース型メディアとは、


 「●●という最新教材が出ました!」


 というニュース「のみ」を伝えるメディアだ。


 これは、ASPから送られるメールを読んだり、
 大先生のメルマガを読んでいれば、
 誰でも出来るので、ついつい初心者がやってしまうのだが、
 ニュース型メディアは初心者に向かない。


 なぜなら、ニュースとは、
 その情報の「鮮度」にだけ価値がある。


 つまり、早ければ早いほど価値があり、
 後出しでニュースを伝えたところで、
 最初ほどのインパクトはないし、
 同じニュースばかり聞かされるとうんざりする。


 誰よりも早く最新のニュースが手に入る環境と、
 それを大多数に伝えることの出来る媒体力があれば、
 実践可能だが、それがないからこそ「初心者」。


 つまり、この手法は初心者・ルーキーには向かない。
 言ってみれば、強者の戦略なのだ。


 だから、僕ら弱者は、
 情報の鮮度で戦うのではなく、
 コンテンツの「質」で勝負した方が実は強い。


 もちろん、最初は商品名キーワードや
 日記ブログなどのゲリラ的な方法でも良い。


 繰り返しになるが、質を追求しすぎて、
 かえって一歩も動けなくなる方がよほどヤバい。


 しかし、少しずつコンテンツの質を
 高める努力をし、「メディア」として育てていく。


 そうすれば、万一「アフィリエイト」
 というシステムがなくなったとしても、
 あなたのメディアには、


 「是非、広告を出稿させてください!」


 という人が必ず殺到するだろう。
 そういうスタイルを今後僕らは追及していくべきなのだ。


 現代は「リッチコンテンツマーケティングの時代」と言われている。


 その中で生き残るためには、
 良質なオリジナルコンテンツを有した、
 WEBメディアを構築することが最優先になる。


 巷には、楽して稼げそうなチャラい情報が
 溢れ返っているが、CLUBメンバーはそういう情報を無視して、
 自身のWEBメディアの質を高める努力を粛々と行って欲しい。


 それこそが、WEB世界で稼ぎ続けるための唯一の方法なのだから。


                       UNLIMITED CLUB 小林憲史

追伸


 僕がこの「UNLIMITED CLUB」を設立するにあたり、
 CLUBのドメインにも、


 http://www.unlimited-media.jp/


 と「media(メディア)」と入れた。


 自分がWEBメディアの運営者であり、
 同時にプロデューサーでもあるという意識。


 これをうっかり忘れないため、
 また、自戒の念を込めてドメイン名は決定した。
 (※もちろん、unlimited-clubというドメインも取得済み)


 今後、これは僕の予測に過ぎないが、
 自分のことを「ブロガー」とか
 「アフィリエイター」と定義している人は消えていくだろう。


 もちろん、対外的に「ブロガーです!」とか
 「アフィリエイターです!」というのは問題ない。


 そうではなく、自分自身の中で、
 自分を小さな枠組みにハメ込んでしまうことが危険なのだ。


 規模の大小に関わらず、
 ブログやメルマガを運営している時点で、
 あなたは立派な「メディア事業者」である。


 そういう考え方が出来れば、


 「どのようなメディアを構築しなければならないのか?」


 という視点で考えることが出来るようになる。


 少なくとも広告のオンパレードの
 メディアには価値がほとんどないことも
 容易に想像することが出来るだろう。


 CLUBメンバー諸君も
 自分が「メディア事業者」であるという意識を常に持って頂きたい。


編集後記


 こんにちは、CLUB代表の小林憲史です。


 本日もご愛読誠にありがとうございます。
 今回のお話はいかがだったでしょうか?


 今回のテーマは「消える存在、消えない存在」についてです。


 僕もこの業界での活動は、
 今年で七年目を迎えましたが、
 その過程で多くの人が消えていくのを目撃しました。


 その中でも悲惨なのは、
 一瞬だけ派手に稼いで翌年には消えている人。
 このタイプの人が一番悲惨でしょう。


 なぜなら、税金の支払いは翌年に来ますので、
 稼いでいる間に、散財していれば支払いが出来ません。


 さらに、人間は一度生活水準を上げると、
 なかなか下げることが出来ないという特徴があります。
 (※「ラチェット効果」と言います)


 実際、僕の知人には一時、
 月収数百万円をメルマガで稼いでいたのに、
 翌年には、すっかり稼げなくなった人がいます。


 なんと最終的には、三万部のメルマガで、
 七クリックというある種の伝説を残して消えました。
 (※そのうちの一クリックは僕)


 彼もやはり「メディア」を
 運営しているという意識がなかったのでしょう。


 多くの人は、出来るだけ早く、
 簡単に稼ぐことを望みますが、
 それはイコール簡単に稼げなくなるということ。


 それよりも長く堅実に稼ぎ、
 その上に、さらに新たな収入の柱を積み上げていく。


 この方が精神的に自由なので焦らなくて済むのです。


 CLUBでは、今後も単発的にしか稼げない手法ではなく、
 資産を形成し、長期にわたり稼ぎ続ける方法を紹介していきますね!


 それでは、本日のお話は以上となります。
 次回更新にご期待ください。


 次回更新は、11月8日(木)18時頃を予定しております。



 

戦略・戦術論


 

CLUB代表 小林が実際に教材内容を確認し検証した上で、厳選したCLUB公認のアフィリエイト教材。
現在、小林が推薦出来る教材は数あるアフィリエイト教材の中でこの三つだけ。

平均月収200万の現役アフィリエイターが集結「堅実」に稼ぐアフィリエイト教材の決定版。

LUREA(ルレア)

1日16時間勤務の過酷なサラリーマン時代に生み出した「超効率」サイトアフィリエイト戦略。

アフィリエイトファクトリー

月収8,000万円稼ぎ出す圧倒的な「思考」と「ノウハウ」。「天才」と「鬼才」の叡智が融合。

LFM-TV2012


この記事に関連する記事一覧