儲けの構造|UNLIMITED CLUB【アンリミテッドクラブ】

「UNLIMITED CLUB」メルマガバックナンバーサイト(まぐまぐ!版)

従来型マーケティングの終焉

読了までの目安時間:約 7分

 


従来型マーケティングの終焉

 午前中の業務が一区切りし、
 コーヒーメーカーからカップにコーヒーを注ぎ一息つく。
 すると、


 ブブブブブブブブブブブブブブ・・・


 マナーモードに設定した携帯電話が
 デスクの上で小刻みに振動を始めた。


 表示され画面を見るとA氏からの着信だ。
 A氏とは旧知の間柄でビジネスについてもよく相談する。


 「ちょっと、小林さん聞いて下さいよ!」


 「どうしたんですか、Aさん?
  えらく鼻息が荒いじゃないですか。」


 「どうしたもこうしたも酷いもんですよ。
  最近ね、いくつかのメルマガに号外広告を出してみたんですよ。

  一回10万円とか20万円の広告です。

  ところがね、どれもこれもクリックすらないんですよ。
  数十クリックとか・・・」


 「あー、やっぱりそんな具合ですか?
  最近、僕は号外広告、使ってないんですが、
  この一年ぐらいで異様に反応下がったらしいですからねー。」


 「そりゃ、私の誘導方法にも問題があったかもしれませんが、
  あまりにも反応がなさすぎるわけですよ。
  これじゃ、完全に大赤字ですよ。本当参りました・・・」


 久しぶりにメルマガに
 号外広告を一気に出稿してみたが結果は惨敗。


 電話越しにもA氏の落胆した様子は十分過ぎるほど伝わってきた。


 やはり確実に変化は起こり始めている。
 現役のプレイヤーでしか気づくことの出来ない「変化」が。


メルマガ広告の変化


 あなたは気づいているだろか?


 少しずつ、それでいて
 確実に今、変化が起きていることに。


 今、従来型のマーケティングが着実に効果を失い始めている。


 実際、部数10万部を超える
 大先生方のメルマガが軒並み反応ダウン。


 1000部に満たないルーキーと
 同程度のクリック数しかないという事実がある。


 嘘だと思うなら、実際に
 どこかのメルマガに「号外広告」を出稿してみるといい。


 その反応率の低さに驚くかもしれない。


 一昔前であれば、大量の資金を投下し、
 懸賞サイトでメールアドレスを数万単位で購入。


 そして、毎日スパムの如く、
 大量の広告メールを配信し続ければ、
 それだけで稼ぐことが出来ていた。


 ここ最近では「プロダクト・ローンチ」
 という手法でメールアドレスを大量に集め、
 同様の手法を使うことで稼ぐことが出来た。


 しかし、これらの手法が徐々に効果を失い始めている。


 もちろん、だからと言って、
 メルマガはもう稼げないとか
 プロダクト・ローンチはもう効果がないと言うつもりはない。


 基本的に、


 「●●はもう終わり」


 と言われる時は、「売る側」の人間が、
 不安を煽り購買意識を高めるために使うだけで、
 実際に完全に効果を失ってしまうことはありえない。


 しかし、事実として従来型の
 メールアドレスを大量購入し、
 そこに広告を投下するというだけでは
 反応が取れなくなっていることは間違いない。


 僕らは少なくとも、メディア運営者として
 その現実から目を背けず考察を加える必要がある。


 そうしなければ時代の変化に取り残されてしまうだろう。


マスマーケティングの考察


 では、なぜ従来の手法が効果を失い始めているのだろう?


 これは、昨今、
 斜陽産業と呼ばれる「テレビ」を見れば
 原因を伺うことが出来る。


 テレビCMの効果が以前に比べて、
 劇的に下がっていることは、
 もはや説明する必要もないだろう。


 もちろん、そうは言っても、
 テレビが依然として
 強力な媒体であることに変わりはないが、
 テレビを利用したマス広告に以前ほどの効果はない。


 これはなぜなのか?


 インターネットの登場や魅力的な番組がないこと。
 ソーシャルメディア・ソーシャルゲームの流行。
 テレビ以外の娯楽が手軽に楽しめる時代になったこと。


 様々な要因があると思うが、
 僕が思うに、


 「消費者は不要な情報をブロックする方法を覚えた」


 ということが大きな理由であるように思う。


 僕らは馬鹿ではない。
 自分にとって「不要」と思える情報は
 出来るだけ排除しようとする。


 例えば、テレビ番組を録画しておき、
 後でCMをカットして観ることも出来る。


 また、DVDをレンタル・購入して、
 ストレスなくCMなしで、
 コンテンツを閲覧することだって出来る。


 インターネットの無料動画サイトを使っても良いだろう。


 僕らはこのようにして、
 CMという必ずしも見たいわけではない情報を
 意識的に排除することを覚えた。


 これと同様のことが「メルマガ」でも起こっていると推察出来る。


 従来型のリストを購入して、
 大量に広告メールを投下する手法。


 まだメルマガが黎明期の頃は、
 前述のテレビ同様に絶大な効果を発揮した。


 しかし、僕らはすでに気づき始めている。


 内容のない広告だけのスパムメールを排除する方法を。


 例えば、メルマガの件名に
 「号外」と記載されているだけで、
 メールをブロックする設定にしている人もいる。


 これは、セミナーなどでお会いすると、
 ある程度ネット歴の長い人は、
 だいたいこの設定をしているようだ。


 つまり、「号外=自分には不要な情報」と
 すでに一部の人達は気づき始めて、
 これらをブロックすることを覚えている。


 これが大先生方のメルマガの
 反応率が著しく低下している一因ではあるだろう。


「インバウンドマーケティング」時代へ


 従来のマーケティング手法は、
 消費者の生活への「強制介入」だった。


 僕らが望む・望まないに関わらず、
 強制的に生活に介入し(土足で入ってきて)、
 リーチしてきた。


 しかし、前述のようにこの強制介入を
 ベースとしたマーケティングは崩壊しようとしている。


 なぜなら、顧客がそれを望んでいないから。
 そして時代は変化し始めている。


 時代は「インバウンドマーケティング」時代へと。


 インバウンドマーケティングとは、
 簡単に言えば、


 「顧客から見つけられること」


 を目指したマーケティング手法のことを指す。


 具体的には、数百万人のユーザーを抱える
 検索エンジンやソーシャルメディアで
 如何にユーザーから「見つけられるか?」ということ。


 もちろん、見つけられるためには、SEOだけでなく
 SMO(ソーシャルメディアオプティマイゼーション)などの施策により、
 ユーザーに見つけてもらいやすくする環境を整える必要はある。


 そこで前提となるのはやはり「コンテンツ」。
 ユーザーが必要とするコンテンツを用意し提供すること。


 以前僕は「消える存在、消えない存在」という記事で、
 今後ますますコンテンツ重視のスタイルが必要になると触れた。


 従来型のマーケティング手法が崩れ、
 WEBメディアを運営しているという意識が重要だと。


 これは、初心者(ルーキー)にはチャンスである。


 ルーキーの最大の弱点は、
 なんといっても「資金がない」こと。


 例えば、大先生が


 「500万円ぐらい広告を出して、
  リストを集めてアフィリエイトすれば稼げますよ」


 と教えを説いてくれたところで、


 「だから、その金がないから稼ごうとしてるんだよ!」


 となり机上の空論に終始してしまう。
 ところが今、その手法は効果を失いつつある。


 規模ではなく、
 自分にとって必要な情報を提供してくれるメディア。
 そういう場所にユーザーは集まる。


 僕らはそれを粛々と用意していけば良いだけ。


 有益なコンテンツを用意するのに、
 莫大なコストは必要ない。


 必要なのは「時間」と「創造性」に投資することだけ。


 そうすれば、僕ら弱者が、
 巨大メディアを運営する強者に勝つことが出来る。


 従来の「迷惑行為型マーケティング」から
 顧客の役に立つことが最大の効果を発揮する時代が目の前まで来ている。


 僕らはそれに乗り遅れないようにするだけで良い。


                       UNLIMITED CLUB 小林憲史

編集後記


 こんにちは、CLUB代表の小林憲史です。


 本日もご愛読誠にありがとうございます。
 今回のお話はいかがだったでしょうか?


 今回のテーマは「従来型マーケティングの終焉」です。


 参考にしたのはこちらの書籍。

 ▼インバウンドマーケティング(すばる舎リンゲージ)
 → http://unlimited-media.jp/web/inbound-mk.html




 インバウンドマーケティングという言葉は、
 聞いたことがあるかもしれませんが、
 今後50年使えるマーケティング手法ということで注目されています。


 すでに多くの人が気づいていますが、
 従来のように大部数のメルマガに「号外広告」を
 出稿しても以前のような反応が取れなくなっています。


 これは、様々な要因があると思いますが、
 迷惑メールフィルタの強化や、
 メルマガ読者の「号外ブロック」などが原因でしょう。


 本編でも触れましたが、
 多くの人は自分に不要な情報を
 排除・無視する方法を覚え、進化させます。


 数年前に、年間二兆通の迷惑メールを送信し、
 逮捕された若者がニュースに出ていましたが、
 稼げた金額はたったの2000万円程度。


 如何に迷惑行為というのが割に合わないかわかりますね。


 もちろん、
 アンリミテッドアフィリエイトの実践者は安心して下さい。


 あの教材は、読者様との
 信頼関係を構築することが根底にありますし、
 コンテンツこそ最強の集客であると解説しているので、
 インバウンドマーケティングの考え方にも当てはまります。


 先日も900部のメルマガで
 日給13万円を達成したという報告も頂きました。


 やはり、しっかりと読者さんと
 信頼関係を構築したビジネスこそが
 最も安定して長く稼げる秘訣なのは間違いありませんね!


 それでは、本日のお話は以上です。
 次回更新にご期待ください。


 次回更新は、2月14日(木)18時頃を予定しております。



 

戦略・戦術論


 

CLUB代表 小林が実際に教材内容を確認し検証した上で、厳選したCLUB公認のアフィリエイト教材。
現在、小林が推薦出来る教材は数あるアフィリエイト教材の中でこの三つだけ。

平均月収200万の現役アフィリエイターが集結「堅実」に稼ぐアフィリエイト教材の決定版。

LUREA(ルレア)

1日16時間勤務の過酷なサラリーマン時代に生み出した「超効率」サイトアフィリエイト戦略。

アフィリエイトファクトリー

月収8,000万円稼ぎ出す圧倒的な「思考」と「ノウハウ」。「天才」と「鬼才」の叡智が融合。

LFM-TV2012


この記事に関連する記事一覧