儲けの構造|UNLIMITED CLUB【アンリミテッドクラブ】

「UNLIMITED CLUB」メルマガバックナンバーサイト(まぐまぐ!版)

オズボーンの発想法則

読了までの目安時間:約 10分

 


オズボーンの発想法則

 午後八時。デザイナーとアルバイト達はすでに帰宅し、
 オフィスには僕とK(ケイ)の二人だけ。


 腹も減ったのでK(ケイ)に尋ねた。


 「晩飯、何が食べたい?
  今日はどうせ朝まで仕事だろうし付き合うよ?」


 K(ケイ)は珍しく真面目な顔をして答えた。


 「何を"食べたいか"じゃない・・・
  何を"食べれるか"。それが重要だ・・・」


 政治家のマニュフェストのようにも聞こえるし、
 哲学的思想にも聞こえる意味ありげな回答。
 そして、彼はジッとオフィス近くの「吉野家」の方角を見据えた。


 詳しく話を聞くと、友人に「500円玉貯金」なるものを勧められ、
 30万円溜まる「500円玉貯金箱」を購入したらしい。


 そして、あろうことか自分の有り金全部を500円玉に換金し、
 全て貯金箱に入れてしまったので、
 手持ちの現金が482円しか残っていないとのこと。


 深そうに見えて、ここまで浅い発言も珍しい。


 僕は渋々、吉野家に同行することを承諾した。
 そういう気分ではなかったが、彼の真剣な眼差しを見ると断れない。


 二人で牛丼(並盛)を注文。
 さすが吉野家。少なくともお値段以上だ。
 たまに食べると別に悪くない。


 牛丼を食べ終わる頃、K(ケイ)がポツリと呟いた(つぶやいた)。


 「ウチの会社・・・給料の前借り制度ってありますか・・・?」

 「どうしたんだい?」


 十分な給料は支払っているので、生活に困るほどとは思えない。
 僕は不思議に思い尋ねてみた。


 「貯金箱・・・もう一個買おうと思って・・・
  いっぱいになっちゃったんです・・・」


 僕はハンマーで貯金箱を粉砕してやりたい衝動に駆られた。
 これが、手段と目的を間違えた典型例の中でも特に珍しい事例である。


ユニークな発想


 「○○さんのような独創的な発想が出来ません・・・
  やっぱり、私って才能ないんでしょうか・・・?」


 しばしば、このような相談を頂くことがある。


 なるほど、確かに独自性、
 ユニークな発想が出来れば、
 これは一つの強力な武器になるだろう。


 例えば、同じ教材を実践しても、
 ほんの少しの工夫が収入を大きく分けることもある。


 ほんのちょっぴりの工夫。


 これが意外に難しい。
 特に、僕ら凡人には容易に出来ることではない。


 天才的ビジネスセンスがある人は、
 それを涼しい顔でやってのけるが、
 僕らには、決して簡単ではないだろう。


 実際、この九年間、
 多くの起業家・アフィリエイターを見てきたが、
 革新的なアイディア・斬新な発想をする人を何人も見てきた。


 彼らは紛れもなく「天才」なのだろう。


 では、僕ら凡人には、
 独創的なアイディアを生み出すことは出来ないのだろうか?


 答えは当然「NO」。


 もちろん、世界を変えるような
 革命的な発想はさすがに難しいかもしれない。


 しかし、WEBビジネスをする上で、
 他人と差別化するためのほんの少しの「工夫」。


 そのレベルであれば、僕ら凡人でも十分に可能。


 しかも、法則に当てはめるだけで、
 誰でも簡単に新しい発想を生み出すことが出来る。
 今回は、そのお話をしよう。


オズボーンのチェックリスト法


 すでにCLUBメンバーであれば、
 僕が基本となる「型」や「パターン」を重視することはご存知だろう。


 しばしば誤解を受けるが、
 これは別に型にはまった
 つまらない人間になれということではない。


 「型」を破りたかったから、
 まずは「型」を徹底的に知る必要が
 あるということが根本概念にある。


 スポーツでもルールを知らない人間に試合をする資格はない。


 WEBビジネスでも同様に、
 様々な「型」や「パターン」があり、
 まずはそれをマスターし、
 然る後に応用を考案していくべきなのだ。


 そして「発想法」にも実は一定のパターン、公式がある。


 天才的頭脳があれば、
 こんな公式を知る必要もないかもしれないが、
 僕ら凡人は、こういう公式や有難く使わせて頂こう。


 発想法として有名なものに「オズボーンのチェックリスト」がある。


 アレックス・F・オズボーンが考案した発想法で、
 予め準備したチェックリストに答えることで、
 アイディアを発想するというもの。


 それは、以下の九つのチェックリストを指す。


 ■1.転用
  新しい使い道は?他分野での使い方は出来ないか?

 ■2.応用
  似たものはないか?成功例の真似は出来ないか?

 ■3.変更
  形式、意味、色、使い方などどこか変更出来ないか?

 ■4.拡大
  大きく、長く、高く、拡大することは出来ないか?

 ■5.縮小
  小さく、短く、低く、縮小することは出来ないか?
  または、省略、削減出来る部分はないか?

 ■6.代用
  人、物、素材、など代用出来るものはないか?

 ■7.再利用
  配置、順序、型など並び替えられないか?

 ■8.逆転
  前後、左右、上下、など反転させられないか?

 ■9.結合
  何かと何かを組み合わせる、合体させることは出来ないか?




 さらに、オズボーンのチェックリスト法を
 ボブ・イバールが改良したSCAMPERという七つの質問リストもある。


 このSCAMPERというものは、
 それぞれ質問のキーワードの頭文字をまとめたもの。


 ■代用品はないか = Substitute?

 ■結びつけることはできないか = Combine?

 ■応用することはできないか = Adapt?

 ■修正、あるいは拡大できないか = Modify?

 ■他の使い道はないか = Put to other Purposes?

 ■削除か、削減できないか = Eliminate?

 ■逆にするか、再編成できないか = Reverse or Rearrange?




 僕ら凡人が全くのゼロから、
 素晴らしいアイディアを生み出すことは不可能に近い。


 しかし、上記チェックリストを元に、
 何かと何かを組み合わせたり、
 逆に、分割してみることで、
 新しいアイディアを生み出すことは決して不可能ではない。


 例えば、情報商材アフィリエイトでは、
 すっかりポピュラーとなった「特典商法」。


 いわゆるアフィリエイト特典を付けて、
 自分から購入する理由を生み出すという方法。


 僕の記憶では、これは、
 2005年後半頃に「オマケマーケティング」として紹介され、
 少しずつ情報商材アフィリエイトの業界では一般化された。


 今ではインフォトップでも、
 特典の自動送付機能を実装している。


 しかし、これも大元のアイディアは、
 グリコのオマケ商法が基本となっている。


 諸君も子供の頃、記憶にないだろうか?
 グリコのオマケが欲しくてお菓子を買ってしまったことが。
 つまり、


 【情報商材アフィリエイト+グリコ商法=アフィリエイト特典】


 オズボーンのチェックリストの「結合」に当たる発想と言えるだろう。


 日本人はそもそも、
 「結合」と「縮小」を得意とする国民性がある。


 何でも組み合わせるし、
 何でも小型化しようとする。


 もちろん、その過程で失敗もあるだろう。
 しかし、僕らはそれが得意な国民性を持っているのだ。


 だから、その能力を最大限に発揮するべきだ。
 その際、重要となるのが、


 「他分野、他業種に目を向ける」


 この視点が重要になる。
 同じ分野、同じ業種しか見ていなければ視野が狭くなる。


 そうではなく全く違う世界を見ていること。
 これが新しいアイディアを生み出すために必要なのだ。


 例えば、僕はCLUB公式メルマガで、
 稀にアフィリエイト系以外の教材を紹介することがある。
 転売であったり、ネットショップであったり様々だ。


 もちろん、そられが
 良質な教材であることも理由の一つだが、
 もう一つの理由が、「結合」として視点を持って頂きたいということ。


 つまり、転売やネットショップの世界では、
 一般的とされている手法が、
 実はアフィリエイトの世界では未知のもの・・・ということもある。
 もちろん、逆もまた然り。


 情報教材が高いと思うのであれば、
 1,500円ぐらいの書籍を何冊か、
 Amazonで購入するのも良いだろう。


 実際、僕のオフィスには、
 アフィリエイト以外のビジネス書が大量にある。
 取り組んでいるものもあるし、
 発想の一つとして読んだものなど様々。


 情報、知識が少なければ、
 上記の発想法も小さくまとまってしまうので、
 情報の幅を広げていくことも当然、必要になる。


 また、僕の場合、
 アフィリエイターのブログやメルマガではなく、
 「ブロガー」と呼ばれる人の文章をチェックしている。


 以前、某スーパーアフィリエイターとの飲み会に参加した際、


 「昔は、面白いメルマガも多くて、
  誰かのメルマガを読んでる間に、
  インスピレーションが生まれて、
  自分のメルマガのネタが出来たけど最近はほとんどないね。」


 という話になった。
 確かに僕がチェックしているメルマガも数誌しかない。


 だから、アフィリエイターではなく、
 僕は、何人かお気に入りのブロガーの文章をチェックしている。


 彼らの文章は秀逸な上、
 構成も非常によく練られているので参考になる。


 広告メールしか送ってこない、
 スパムアフィリエイターのメルマガとは
 比較にならないレベルで参考になる点が多い。


 これも「他分野」に目を向けるという視点。


 新しい発想を生み出したければ、
 他分野・他業種に目を向けて、
 その上でオズボーンのチェックリスト法を活用すると良いだろう。


 もしかすると、
 誰も思いもよらないような
 あなただけのアイディアが生まれるかもしれない。


 オリジナルの手法を生み出したい場合、参考にして頂きたい。


                       UNLIMITED CLUB 小林憲史

追伸 1


 教材「アンリミテッドアフィリエイト」に
 4月15日(火)「補講 ソーシャルメディア戦略編」を追加。


 ▼アンリミテッドアフィリエイト Ver.1,5
 → http://www.unlimited-affiliate.com/




 Twitter・Facebookを使ったソーシャル戦略をまとめた教材。


 全175ページにわたり、
 ソーシャルメディアを活用した戦略を解説しているので、
 これだけでソーシャルメディアの基礎は完全に抑えられる。


 すでに購入者メンバーズページにアップしてあるので、
 今すぐにログインして教材をダウンロードして頂きたい。


 また、教材「アンリミテッドアフィリエイト」は、
 4月30日(水)23時59分を以て値上げするのでご注意頂きたい。


追伸 2


 最近CLUBに入会された方は、
 もしかするとご存じない可能性があるので、
 念のためにCLUB基本戦略である「宝の地図」を掲載しておく。

 ▼「億超え」マインドマップ
 ( PDFファイル / ファイルサイズ317,126バイト )
 → http://unlimited-media.jp/web/mindmap.html




 僕らがインターネットを最大限に活用し、
 WEBビジネスで「億超え」を達成するための全体像はここにある。


 是非、プリントアウトし、
 パソコンデスクのよく見える場所に貼っておいて頂きたい。


編集後記


 こんにちは、CLUB代表の小林憲史です。


 本日もご愛読誠にありがとうございます。
 今回のお話はいかがだったでしょうか?


 今回のテーマは「オズボーンの発想法則」です。


 教材を実践する上で、
 初期の段階は教材に従い実践する必要があります。


 よく最初から応用しようとして失敗する人がいますが、
 やはり初期段階は、基礎を固めることが重要でしょう。


 例えば、人気漫画「ドラゴン桜」の主人公
 桜木建二も作中で以下のような発言をしています。


 「型がなくてお前に何ができるっていうんだ?

  素のままの自分からオリジナルが生み出せると思ったら大間違いだ。
  創造するってことは、まず真似ることから始まるんだ!

  基礎となる"型"をまず身に着け、
  それを工夫とアイディアでアレンジしていくんだ。

  てめぇにその基礎があんのか!

  "型"にはめるな!なんてホザくやつは、
  ただのグータラの怠け者だ!
  てめぇは今がその結果のくせにデカい口叩くなっ!」

 【ドラゴン桜 第2巻「東大と京大」より】




 ドラゴン桜は、落ちこぼれ高校生を
 一年で東大に合格させるというストーリーですが、
 この物語には、受験だけでなくいくつもの真理が隠されています。
 上記の発言もその一つです。


 もちろん、優秀な高校生であれば不要なのかもしれません。


 しかし、僕ら凡人には、
 落ちこぼれ高校生に必要なことは、
 自分にも当てはまると考えるべきでしょう。


 これは受験に限らず、
 音楽でもスポーツでもあらゆる分野に当てはまります。


 僕は昔、格闘技の経験があるので、
 上記の内容はすんなり腹に落ちました。


 さて、少し話が逸れましたが、
 初期段階はまず「型」を重視し、
 少しずつ独自の発想・差別化を図っていく必要があります。


 しかし、その発想法にも実は「型」があることが面白いですね。
 それが今回ご紹介した「オズボーンのチェックリスト法」です。


 もちろん、「型」を求める弊害も否定出来ません。


 よく成功哲学や成功法則にハマる人がいますが、
 こういう人は、型を追い求め過ぎた結果、
 思考が完全に停止してしまっていると言えるでしょう。


 何事もバランスが重要なのです。


 そして、こういうバランス感覚が優れている人は、
 経験上、成果を出すのが早いように思いますね。


 今回、お話しした、


 「他分野・他業種に目を向ける」

 「オズボーンのチェックリスト法」



 は今後、あなたが独自のアイディアを生み出す上で
 強力な武器になりますので是非ご活用ください。


 それでは、本日のお知らせは以上となります。
 次回配信にご期待ください。


 次回配信は、5月1日(木)18時頃を予定しております。



 

戦略・戦術論


 

CLUB代表 小林が実際に教材内容を確認し検証した上で、厳選したCLUB公認のアフィリエイト教材。
現在、小林が推薦出来る教材は数あるアフィリエイト教材の中でこの三つだけ。

平均月収200万の現役アフィリエイターが集結「堅実」に稼ぐアフィリエイト教材の決定版。

LUREA(ルレア)

1日16時間勤務の過酷なサラリーマン時代に生み出した「超効率」サイトアフィリエイト戦略。

アフィリエイトファクトリー

月収8,000万円稼ぎ出す圧倒的な「思考」と「ノウハウ」。「天才」と「鬼才」の叡智が融合。

LFM-TV2012


この記事に関連する記事一覧