儲けの構造|UNLIMITED CLUB【アンリミテッドクラブ】

「UNLIMITED CLUB」メルマガバックナンバーサイト(まぐまぐ!版)

利益を生み出す「儲けの構造」

読了までの目安時間:約 10分

 


利益を生み出す「儲けの構造」

 何年も愛飲している「SevenStar」の箱から
 タバコを一本取り出し、口にくわえる。


 ポケットからライターを取り出し
 おもむろに火を点け、大きく煙を吐き出す。


 美味い・・・


 ドキドキする胸の鼓動を抑え、
 もう一度パソコンの画面を凝視する。
 胸の高まりはまだ収まらない。


 僕は気づいてしまった。


 WEB世界で圧倒的な利益を上げる
 本質的な「儲けの構造」の全てに。
 半永久的に利益を生み続ける「仕組み」の構築法に。


 そう、あの瞬間(とき)僕は<死神の目>を手に入れた。


 紫煙(しえん)をくゆらせながら
 画面を凝視する僕の目は、
 難解なパズルを解き明かした子供のように光輝いていた。


利益を生み出す三つの極意


 WEB世界で利益を生み出す「絶対公式」がある。


 この「絶対公式」を知っているかどうかが、
 WEBビジネスの成功を左右すると言っても過言ではない。


 その公式とは、


 「成約率×集客数×報酬単価=報酬」


 という絶対公式。


 WEB世界で僕らが利益を上げ続けるためには、
 この公式を暗記し、使いこなすだけで良い。


 すなわち、


 一.報酬単価が高い商品

 二.成約率を高める

 三.集客の絶対数を増やす



 たったこれだけ。


 そして、これらを「仕組み化」すれば、
 限りなく「不労所得」に近い
 収益構造を所有することが出来る。


 そして、「仕組み」が一定の形になれば、
 後はひたすら、


 二.成約率を高める

 三.集客の絶対数を増やす



 この二つを繰り返していくだけだ。


 月100万円程度で良いのであれば、
 これ以外の余計な知識は不要である。


 そもそも、巷に溢れる情報教材のほとんどは、
 この「成約率」か「集客」のどちらかにフォーカスし、
 わかりやすく噛み砕いて説明しているか切り口を変えて解説しているに過ぎない。


 逆に言えば、「成約率」か「集客」に
 ついて触れていない教材は月100万円すら
 未達成の人には現状不要であるから忘れてしまおう。


 そして、自分自身でチェックしてみよう。


 あなたが今見ている、その教材は、
 「成約率」を高める方法を解説しているだろうか?


 それとも「集客数」を増やす方法を解説しているだろうか?
 自分でカテゴライズしてみるといい。


 もし、どちらにも当てはまらないなら、
 とりあえず現状不要と判断し、
 目の届かないところにしまってしまおう。


 それでは、この「仕組み」について掘り下げて解説していこう。


第一の要素「報酬単価」


 まず、第一の要素である「報酬単価」。


 商品販売者であれば、
 報酬単価は自由に決められる。


 もちろん価値に見合っていることが
 前提にはなるが、価格決定は自由に出来る。


 情報教材の場合あれば数万円程度。


 バックエンドで利益を出す仕組みがあるのであれば、
 フロントエンドは1000円程度にし、
 リストを集めるという手法も有効だろう。


 いずれにせよ、商品単価は販売者自身が決定出来る。


 一方、アフィリエイターの場合。
 残念ながら報酬単価の決定権はない。


 例えば、紹介したい商品の
 報酬単価が恐ろしく低く設定されていることもある。


 労力の割には利益が少ないことが、
 明らかにわかる商品も中にはあるだろう。


 しかし、そういう場合、
 アフィリエイターは「別の商品」を探せば良い。


 方法は簡単。


 ASPの管理画面にログインし、
 報酬単価が高く利益が出やすい商品の
 アフィリエイトリンクを取得すれば良い。
 (※もちろん、優良商品であることは大前提だが)


 また、こんな裏技もある。


 販売者・広告主と直接「交渉」して、
 報酬単価を上げてもらうという裏技だ。


 例えば、通常報酬1万円の商品が、
 交渉によって2万円になる・・・こんな事例はいくらでもある。


 報酬単価が2倍になれば、
 単純計算であなたの報酬は2倍にある。


 これまで、その商品で
 月10万円稼いでいたとしたらおめでとう。


 あなたの報酬は今月から20万円になる。


 ただし、交渉の際にはあなたは、
 相手(販売者・広告主)にとって
 メリットのあるカードを見せなければならない。


 例えば、


 ●大規模媒体を所有している

 ●月数百万円稼いでいるアフィリエイターである

 ●数万のリストホルダーである



 など、相手がメリットを感じるカードを提示しよう。
 これをせずに、


 「ぶっちゃけ、報酬上げてもらえます?
  マジ、俺、稼ぎてぇーっすよ。いや、マジで。
  あ、2倍じゃなくて3倍でもいいっすよ?俺、ビッグになるんで。」


 という交渉をすると、
 笑われるか呆れられるかのどちらかで
 華麗なるスルーをあなたは目撃することになる。
 (※下手をするとブラックリストに入れられる)


 交渉の場に有利なカードを持たず、
 現れる者など、その時点で、
 敗北者であるということは深く胸に刻んで頂きたい。


第二・第三の要素「成約率・集客数」


 第二の要素「成約率」、そして第三の要素「集客数」。
 この二つは同時にセットで考えた方が良い。


 成約率を高めつつ、
 徹底的に集客の絶対数を増やしていく。


 これは車の両輪のようなもの。
 どちらかだけに傾倒してはいけない。


 そうすれば、報酬は雪だるま式に膨らんでいく。


 「成約率×集客数×報酬単価=報酬」


 冒頭で解説したこの絶対公式を覚えているだろうか?


 例えば、10人集客すれば1個売れる商品があるとしよう。
 成約率は10%だ。


 この場合、集客の絶対数を増やすと・・・


 10人で1個

 100人で10個

 1,000人で100個

 10,000人で1,000個



 仮に報酬単価が1万円ならば、
 10,000人集客した場合、利益は1000万円!


 なんと1000万円の利益を出すことが出来る。


 さらに、この10人集客したら、
 1個しか売れなかった商品に工夫して、
 10人集客すれば3個売れるようにする。


 すると、


 10人で3個

 100人で30個

 1,000人で300個

 10,000人で3,000個



 仮に報酬単価が1万円ならば、
 10,000人集客した場合、利益は3000万円!


 成約率を高めることが出来れば、
 同じ10,000人という集客数でも
 なんと利益は3倍にまで膨れ上がる。


 さらに、販売者と交渉し、
 あなたの報酬単価をもし、2万円にしてもらえたら・・・(ニヤリ)


 これが圧倒的な利益を出す収益構造だ。


 ただし、この収益構造の構築を
 構築する上で注意すべきことがある。


 それは、先ほども触れたが「セット」で行うということ。


 つまり、集客しながら、
 テストを重ね、検証し成約率を高め、
 そして、さらに集客するというプロセス。


 これを意識しなければならない。


 しばしば、WEBビジネスにおいて、
 心が折れてしまう人達を見ていると、


 ブログテンプレートを必死でカスタマイズしたり、
 画像加工を頑張ってみたりと無駄な時間をWEBメディアに注ぎ込んでいる。


 もちろん、これは成約率を
 上げるためにある程度有効だろう。


 しかし、集客の絶対数が少ないために、
 そもそも成約率が高いかどうか判断出来ない。
 データとなるサンプルが少なすぎるのだ。


 10人集客し、1件成約した。
 では、成約率は10%と言えるだろうか?


 答えはNO。もしかすると、
 その後1000人集客しても0件かもしれない。
 最初の1個がビギナーズラックの可能性もある。


 そうすると成約率は0,1%未満になる。
 これではいくら集客しても笊(ざる)で水をすくようなものだ。


 だから、集客のみに
 注力するのもリスキーなのでやめておこう。


 例えば、虎の子の広告費100万円を投じて集客。


 100万円の広告費を使えば、
 1000万円のリターンがあるはずだ!
 と意気揚々と広告を出稿。


 しかし、あなたのWEBメディアの成約率は最低レベル。


 せっかく投じた100万円は、
 灰塵(かいじん)と帰すだろう。
 そして、あなたはWEBビジネスから退場・・・


 こうならないとも限らない。
 だから、「成約率」と「集客」はセットで考えよう。


 まずは、WEBメディアをWEB世界に降臨させ、
 一定数の「集客」をしてみる。


 そして、そのデータを元にWEBメディアを「改善」。
 その後、さらに「集客」し、
 そのデータを元にWEBメディアを「改善」。


 徹底的に、ただひたすら繰り返していくだけだ。


 初期のうちは、おそらく
 自分の「時間」を使って集客することになるだろう。


 もちろん、あなたに潤沢な資金があるのであれば、
 最初から大量の広告費を投入しても良いが、あまりお勧めしない。


 まずは、「時間」を使い労働により集客する。


 そして、成約率を高めるべく
 データを収集し、検証を繰り返す。


 一定レベルの成約率を維持出来るようになればGO!サインだ。


 それまでに稼いだお金を投入し、
 次は、「お金」を使って徹底的に集客する。
 つまりは、広告を打つということ。


 これが限りなくリスクを抑えながらも
 圧倒的な利益を生み出す「収益構造」の構築方法だ。


 この仕組みが完成すれば、
 後は定期的に広告を打つだけで、
 安定して収益が上がり続けるだろう。


 まさに「不労所得」のシステムが完成するのだ。


 最後にもう一度確認しよう。
 この絶対公式はすでにマスター出来ているだろうか?


 「成約率×集客数×報酬単価=報酬」


 そして、この三要素である


 一.報酬単価が高い商品

 二.成約率を高める

 三.集客の絶対数を増やす



 これを夢に出るぐらいまで反芻(はんすう)してほしい。
 そして、これを徹底的に突き詰めていく。


 それこそが「儲けの構造」構築のための絶対公式なのだ。


追伸


 荒れ狂う「情報の海原(うなばら)」で
 溺れそうになったら思いだしてほしい。


 「原点回帰」という言葉を。


 様々な情報が錯綜するWEB世界。
 玉石混交の情報が入り混じるこの世界において
 本当の「真実」を見抜くことは容易ではない。


 ましてやあなたがルーキーならなおさらだ。


 あなたより先にWEB世界に降臨した
 誰かの「覇気」に当てられて、
 余計な情報教材を買ってしまうかもしれない。


 そんな不安があなたを襲ったら、
 今日僕が紹介した「絶対公式」を思い出そう。


 WEBビジネスの原理原則は、


 「成約率」を高め、「集客」の絶対数を増やし、
 それらを効率化する「仕組み」を構築すること。



 すなわち、


 ●WEBメディアの成約率を高める方法

 ●集客の絶対数を増やす方法

 ●それらを仕組み化する方法



 あなたが今、月収100万円も
 達成していないのであれば、
 この三つ以外のノウハウは現状必要ない。


 むしろ余計な知識をつけることで無駄な迷いが生じる。


 例えば、「自己啓発系教材」。
 これは上記三つに当てはまるだろうか?


 答えはもちろん「NO」。


 成約率は高くならないし、
 集客の絶対数も増えないし、
 仕組み化になんら効果はない。


 もちろん、勝手にそういうものに
 浸って幸せな気分になるのは自由だ。


 ただ「WEB世界で稼ぐ」ことに対しては無価値だと思ってほしい。


 実際、僕の会社の研修生は、
 僕に出会う以前、某自己啓発系教祖様に
 数百万円を「寄付」したそうだが彼は何も変わってない。


 むしろ、生活が苦しくなったぐらいだ。


 それは当然、上記三つの要素に
 注力するはずだった「体力」「資金」「時間」を
 無駄なところに投入したからに外ならない。


 だから、もし錯綜する情報世界で、
 迷子になりそうになったら、
 本日紹介した三つの要素を振り返って欲しい。


 この三要素に徹底的に集中すること。


 これこそ、CLUBメンバーが、
 最短ルートで「億超え」を達成出来る道なのだから。


編集後記


 こんにちは、CLUB代表の小林憲史です。


 本日もご愛読誠にありがとうございます。
 今回のお話はいかがだったでしょうか?


 今回のテーマは「利益を生み出す「儲けの構造」」です。


 最近、周りのアフィリエイターを
 見ていると非常に「勉強熱心」という印象を受けます。


 新教材は欠かさず購入し、
 セミナーにも足しげく通い詰め、
 一般書籍もたくさん読んでいる。


 下手な起業家よりもよほど勉強しているようです。


 知識への投資は、最高の投資ですし、
 僕自身も毎日大量の書籍や資料に
 目を通し、学習することに時間を費やしています。


 しかし、しばしば「頭でっかち」に
 陥っている人も多いように思います。


 つまり「インプット過多」に陥っているのではないでしょうか?


 確かに、知識への投資は必要。
 しかし、使わない知識は無価値。


 これもまた真理だと思います。
 知識は活用してこそ本当の意味があります。


 ですから、もし今後新しい知識を
 吸収する際は一度立ち止まると良いかもしれません。


 「絶対公式のどれを補完してくれるのか?」


 と自分に問いかけましょう。
 そして、明確に答えられないなら
 その教材は保留しても良いと思います。


 少なくとも月収100万円が未達成であれば、
 その情報教材を購入するよりも、
 広告費として使用した方がリターンは大きいでしょう。


 昔、月数千万円稼ぐスーパーアフィリエイターの方と
 飲み会で話した時、こんな話になりました。


 「なんで、皆、変な情報教材やセミナーに
  何十万円も払うのに、広告費はケチるのかな?
  その金、広告に使えば月100万円とか軽いでしょ?」



 知識への投資。
 そして、ビジネスへの投資。


 有り余るお金があれば、
 双方に全力で投入出来ますが、
 まだ資金不足の時はバランスが大事です。


 あなたのバランス感覚は正常に稼働していますか?


 それでは、本日のお話は以上となります。
 次回更新にご期待ください。


 次回更新は、10月4日(木)18時頃を予定しております。


 

戦略・戦術論


 

CLUB代表 小林が実際に教材内容を確認し検証した上で、厳選したCLUB公認のアフィリエイト教材。
現在、小林が推薦出来る教材は数あるアフィリエイト教材の中でこの三つだけ。

平均月収200万の現役アフィリエイターが集結「堅実」に稼ぐアフィリエイト教材の決定版。

LUREA(ルレア)

1日16時間勤務の過酷なサラリーマン時代に生み出した「超効率」サイトアフィリエイト戦略。

アフィリエイトファクトリー

月収8,000万円稼ぎ出す圧倒的な「思考」と「ノウハウ」。「天才」と「鬼才」の叡智が融合。

LFM-TV2012


この記事に関連する記事一覧